トップ / 記事一覧 / 商品レビュー / 食料品 / 【セブンプレミアム】蒙古タンメン中本 辛旨味噌を食べてみた!気になるカロリーや原材料もご紹介!

【セブンプレミアム】蒙古タンメン中本 辛旨味噌を食べてみた!気になるカロリーや原材料もご紹介!

2018.05.05by Foooood編集部
更新日:2019.06.03

みなさん、こんにちは!Foooood編集部です!

今回は熱狂的なファンもいる
大人気のカップラーメン蒙古タンメン中本 辛旨味噌をご紹介いたします。

実は、昨年からず〜っとファンで私もヘビーユーザーです(笑)
大体のカップ麺は一度食べたら満足してしまうのですが、これは定期的に買い続けている商品のうちの1つです。

Contents

激辛度:

蒙古タンメン中本 辛旨味噌とは?

「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」は「セブンプレミアム」ブランドとして発売されていて、東京都、埼玉県を中心に展開している人気ラーメン店「蒙古タンメン中本」の味を再現した商品です。

2018年4月現在、関西では「蒙古タンメン中本」の店舗が無いので、近所にもあるセブンイレブンでお手軽に購入できるのは本当にありがたいです。関西にも店舗出来ないかな。

お値段は204円(税込)!

ちなみに、お値段ですが204円(税込)で購入出来ます。
カップ麺にしては少しお高いですが、その価値は充分にあると私は思います。

豆腐やキャベツ、キクラゲなど具沢山のかやくが嬉しい!辛味オイルが付属!

フリーズドライされた豆腐が可愛らしいです。

辛味オイルが別で付いているので私はいつも全部入れますが、辛いのが苦手な方は入れる辛味オイルの量を調整すると良いと思います。

麺が太麺ということもありお湯を入れてからの待ち時間は5分となってます。
気長に待ちましょうね。

完成しました!
おぉ!真っ赤じゃないですか。(笑)
食欲をそそる良い香りがしますね。

単に辛いだけでなく、しっかりと旨味を感じる!麺も太麺でスープが絡んで良い感じ!

それでは、いただきます!

一口食べると、まずスープの旨味が口の中に広がります。
その後に強烈な辛味がやってきます。

辛さのレベル的にはこの前に食べたペヨング 激辛やきそばと同じぐらいの様に感じました。

かやくのキャベツは甘みがあり、豆腐とともに良い箸休めになります。
きくらげの食感もコリコリと楽しいです。

何よりスープがよく絡んだ太麺が本当に美味しいんですよね。
「辛みの中に旨みあり」というキャッチコピーがパッケージに書かれているのですが、まさにその通りです。

単に辛いのではなくて、蒙古タンメンはしっかりとした旨みがあるんですよね。
だからクセになっちゃうし、リピート買いしちゃう。

麺を食べ終えた後の残ったスープにご飯を入れてクッパ風にして食べるのもおすすめです。辛いの苦手な方は生卵を入れたりチーズを入れるとかな〜り食べやすくなりますよ!

美味しかったです!
ごちそうさまでした!

まとめ

辛いものが特別得意ではない私にとっては「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」が美味しく食べられる辛さのボーダーラインと言った感じです。

辛いだけではなく、辛さの中にもしっかりとした旨味を感じることができるので大人気商品というのが頷ける美味しさです。
恐らく、また定期的に購入していると思います(笑)

実は昔、会社のお昼休みに食べたのですが辛くてドえらいこと(顔がグジュグジュ)になったので、女性はお家で食べる方が良いかと思います。

さて、まだ食べたことがない方は一度食べてみてはいかがでしょうか!
ただし、辛いので苦手な方はご注意くださいね。

商品情報

商品名

蒙古タンメン中本 辛旨味噌

通常価格

204円(税込)

原材料

油揚げめん(小麦粉·植物由脂、食塩、たん白加水分解物、醤油、チキンエキス)、スープ(豚脂、味噌、糖類、香辛料、小麦粉、野菜エキス、ポークエキス、植物油脂、でん粉、玉ねぎ、加工油脂、酵母エキス、食塩、オニオンパウダー、野菜調味油、香味油)、かやく(キャベツ、豆腐、味付豚肉、人参、キクラゲ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸Ca、かんすい、カロチノイド色素、カラメル色素、香辛料抽出物、炭酸Mg、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、ビタミンB2、ビタミンB1(原材料の一部に卵、乳成分、ごま、ゼラチンを含む)

内容量

118g

栄養成分表示:1食(118g)当たり

エネルギー540kcal
たん白質12.3g
脂質22.3g
炭水化物2.6g
(めん・かやく 1.0g)
(スープ 1.6g)
ビタミンB11.28mg
ビタミンB20.31mg
カルシウム147mg

あわせて読みたい記事

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles