トップ / 記事一覧 / 商品レビュー / スイーツ / 【業務スーパー】アマンディホイップフローズンは1000mlの大容量!気になる原材料や使い方をご紹介!

【業務スーパー】アマンディホイップフローズンは1000mlの大容量!気になる原材料や使い方をご紹介!

2019.01.14by Foooood編集部
更新日:2019.01.31

みなさん、こんにちは!Foooood編集部です!

今回は業務スーパーの冷凍コーナーにある「アマンディホイップフローズン」をご紹介したいと思います。

Contents

満足度:

アマンディホイップフローズンは植物性のクリーム!

クリームは大きく分けて以下の2種類あります。

  • 動物性のクリーム
  • 植物性のクリーム

アマンディホイップフローズンは植物性のクリームです。

それぞれのクリームの特徴は以下になります。

動物性のクリームの特徴

いわゆる生クリームと呼ばれるもので牛乳を原料とした乳脂肪で作られます。
また、乳脂肪分が18%以上で植物性脂肪・乳化剤・安定剤などの添加物を使用していないものです。

特徴としては生クリーム本来の風味やコクを楽しむことができます。
ですが、植物性クリームと比べると賞味期限いといった特徴もあります。

植物性のクリームの特徴

乳脂肪を使わず植物油脂に添加物を加えて動物性のクリームに似せて作られたものです。
また、生クリームと表記することはできません。

特徴としては「生クリーム」よりは風味やコクが落ちますが、あっさりしていて添加物により安定性や保形性に優れています。
動物性のクリームと比べると賞味期限が長く低価格です。

動物性のクリームと植物性のクリームの良いとこどりしたコンパウンドクリーム(乳脂肪の一部を植物性脂肪に置き換えたもの)というものもあります。

冷蔵庫で解凍ですぐに使えるようになります

冷凍されているのでまず解凍する必要があります。
解凍は簡単で冷蔵庫に入れるだけです。
1、2時間ほどで使用できるぐらいには解凍されました。

早速使ってみました。

見た目は普通のホイップクリームと変わらないですね。

ちょうど別のホイップクリームが冷蔵庫にあったので並べてみました。

左がアマンディホイップフローズン右がトーラク らくらくホイップです。

味の方はほとんど変わらないです。
アマンディホイップフローズンのほうが少しコクが弱いかなっと感じましたが、食べ比べてみないとわからないぐらいだと思います。

使った後は絞り口にラップをかけて冷蔵庫に保存しました。

クリームたっぷりのお手軽フルーツサンド

食パンにアマンディホイップフローズンとイチゴジャムを塗ってフルーツサンドを作ってみました。

家にあるものだけで作ったお手軽フルーツサンドでしたがなかなか美味しくできました!

クリームたっぷりのフラペチーノ風ドリンク

カフェオレにクリームをたっぷりのせてフラペチーノ風に!
チョコレートソースをかけると味のアクセントになるのと見栄え的にもGood!

ホットでもいけます!
ホットの場合、時間が経つとクリームが溶けて溢れだすので注意です。

最後に原材料などをご紹介!

惜しげも無くホイップクリームを堪能できるのでクリーム好きにはおすすめです!
また、大容量なのでケーキとかのスイーツ作りでクリームをいっぱい使う時なんかにはちょうど良いかもしれませんね。

商品情報

品名

冷凍食品(ホイップ)

商品名

アマンディホイップ フローズン

原材料

糖類(水飴、砂糖)、植物油脂、乳製品、乳等を主要原料とする食品、食塩、カゼインNa、乳化剤、安定剤(アラビアガム)、セルロース、リン酸塩(Na、K)、香料、(原材料の一部に大豆を含む)

内容量

1000ml

賞味期限

購入から10ヶ月程度

保存方法

-18℃以下で保存してください。

使用方法

必ず冷蔵庫(5℃〜10℃)で解凍してご使用ください。
常温(10℃以上)での解凍はクリームの組織が粗くなりますので避けて下さい。
解凍後は冷蔵庫に保管し、出来るだけ早くご使用ください。

製造者

アサヒフーズ株式会社

あわせて読みたい記事

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles