トップ / 記事一覧 / 商品レビュー / 食料品 / 【食べ比べ】鍋用ラーメン5品食べ比べてみた中でのランキング!カロリーや原材料もご紹介!

【食べ比べ】鍋用ラーメン5品食べ比べてみた中でのランキング!カロリーや原材料もご紹介!

2019.01.20by Foooood編集部
更新日:2019.01.31

みなさん、こんにちは!Foooood編集部です!

寒い冬に食べたくなる「鍋」!
「鍋」の〆にラーメンを入れることがあるかと思います。

鍋用ラーメンとして販売されている商品は数多くあります。
そこでどの鍋用ラーメンが一番美味しいのかを検証してみたいと思います!

Contents

冬の風物詩度:

鍋用ラーメン5品の紹介

今回食べ比べてみた商品は以下の5品になります。

  • ノンフライ乾麺 平麺タイプ
  • サリ麺
  • マルちゃん 鍋用ラーメン
  • 麺の達人 〆まで美味しい 鍋用生ラーメン
  • 煮込みラーメン

定番のラーメンからちょっと変わったラーメンもチョイスしてみました。

それでは食べ比べていきます!

ノンフライ乾麺 平麺タイプ

こちらの商品は業務スーパーで購入しました。

キムチ鍋でいただきました。
ノンフライなので期待が高なります。

麺の太さは中くらいですね。
味の方は可もなく不可もなくと行った感じです。

完全に煮える前に食べるとチキンラーメンの様な食感になります。

1食分が小さく見えますが煮込むと普通に1人前ぐらいになります。

商品情報

価格

398円(税別)
※購入時価格。店舗や時期により異なります。

原材料

小麦粉、食塩/かんすい

内容量

1kg(14食入)

栄養成分表示 1食分(約72g)

炭水化物55.0g食塩相当量1.0g

エネルギー260kcal
たんぱく質8.1g
脂質0.9g
炭水化物55.0g
食塩相当量1.0g

原産国

マレーシア

サリ麺

一時期話題になっていたサリ麺
ダイコクドラッグで購入しました。

キムチ鍋でいただきました。

麺は太めですね。
パッケージに「もっちり」と書いてある通り少しもちもちした食感で、太麺なのでうどんに近い感じがしました。

油で揚げたインスタント麺なのでインスタントラーメンに近い味わいになります。

また、1袋のボリュームは結構あります。

商品情報

価格

50円(税込)
※購入時価格。店舗や時期により異なります。

原材料

味付油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でんぷん、食塩、しょうゆ)、増粘剤(加工でんぷん)、卵殻カルシウム、かんすい、着色料(ビタミンB2)(原材料の一部に小麦、大豆、卵を含む)

内容量

110g

栄養成分表示 1食(約110g)当たり

エネルギー475kcal
たんぱく質11g
脂質15g
炭水化物74g
ナトリウム390mg
食塩相当量1.0g
コレステロール0mg

原産国名

大韓民国

マルちゃん 鍋用ラーメン

イオンで購入しました。
ちびまる子ちゃんがパッケージに使われているのが印象的です。

味噌ベースに豆板醤を少し加えた鍋でいただきました。

麺の太さは細めですね。

麺のコシやつるつるした食感がちょうど良くとても食べやすい麺です
太麺タイプもあるのでお好みに合わせて選ぶこともできます。

商品情報

価格

170円(税込)
※購入時価格。店舗や時期により異なります。

原材料

小麦粉、でん粉、こんにゃく、食塩、卵白、乳たん白、酒精、かんすい、ソルビトール、クチナシ色素、増粘多糖類、(原材料の一部に乳成分を含む)

内容量

180g(90g×2)

栄養成分表示 1袋(めん90g)当たり

エネルギー270kcal
たん白質9.4g
脂質0.8g
炭水化物56.4g
ナトリウム288mg
食塩相当量0.7g

製造者

東洋水産株式会社

麺の達人 〆まで美味しい 鍋用生ラーメン

イオンで購入しました。

こちらも味噌ベースに豆板醤を少し加えた鍋でいただきました。

麺の太さは中くらいですね。

ザ・鍋用ラーメンと行った感じです。
長めに煮込んでものびにくくしっかりしているという印象です。

下茹では不要とありますが、かなり鍋のスープにとろみが付いてしまいます。

商品情報

価格

178円(税別)
※購入時価格。店舗や時期により異なります。

原材料

小麦粉、食塩、植物油脂(大豆を含む)、卵粉、酵母エキス/酒精、調味料(有機酸)、pH調整剤、かんすい、焼成Ca(小麦、卵由来)、クチナシ色素

内容量

200g(めん100g×2)

栄養成分表示 1玉(100g)当たり

エネルギー276kcal
たんぱく質8.8g
脂質1.8g
炭水化物56.1g
食塩相当量2.0g

販売者

日清食品チルド株式会社

煮込みラーメン

業務スーパーで購入しました。
パッケージの遠藤関が印象的な商品です。

こちらは付属のしょうゆ味でいただきました。

今回のラインナップで唯一のスープ付きの商品です。
麺の太さは中くらい
ですね。

一本一本の麺がしっかりしています。
そして麺を口に入れた瞬間の風味がすごく良いです。

他にも以下の味があります。

  • みそ味
  • ちゃんこ風
  • とんこつ味
  • とり野菜みそ味

商品情報

価格

238円(税別)
※購入時価格。店舗や時期により異なります。

原材料

めん(小麦粉(国内製造)、小麦たん白、食塩、卵白粉(卵を含む)、植物油脂、卵黄粉/かんすい、カロチノイド色素)、調味ソース(醤油、食塩、ポークエキス(鶏肉を含む)、ラード、オイスターソース(小麦·大豆を含む)、いかパウダー、酵母エキス、にんにく、ほたて貝ひもパウダー、胡椒/調味料(アミノ酸等)、糊料(加工でん粉、キサンタン)、酒精、カラメル色素)

内容量

294g
(めん 90g×2袋、調味ソース 57g×2袋)

栄養成分表示 2人前(147g)

エネルギー383kcal
たんぱく質17.5g
脂質4.0g
炭水化物69.2g
食塩相当量10.6g
(めん:3.5g)
(スープ:7.1g)

販売者

株式会社 永谷園

ランキング結果

すべて美味しかったのですが、
Foooood編集部の独断と偏見でのランキングを発表いたします。

第5位 サリ麺

パッケージの通り、もっちりした麺でした。
全体的に少しクセが強いように感じたので5位になりました。

第4位 ノンフライ乾麺 平麺タイプ

量も多くお得なのですが、個人的には鍋のシメとして食べるよりは、焼きそばにして食べた方が美味しかったです。そのため4位になりました。

第3位 麺の達人 〆まで美味しい 鍋用生ラーメン

美味しいのですが、鍋のスープにとろみが着いてしまったため惜しくも3位になりました。

第2位 マルちゃん 鍋用ラーメン

コシがありクセもないので、万人受けする味わいは堂々の2位です。

第1位 煮込みラーメン

煮込みラーメン」が第1位という結果となりました。
どの商品もそれぞれの良さがあったのですが、「煮込みラーメン」が頭一つ抜けているという感じでした。

Foooood編集部が選ぶこの冬最強の鍋ラーメンは「煮込みラーメン」です!
まだ食べたことがないという方は是非おすすめします!

あわせて読みたい記事

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles