トップ / 記事一覧 / 商品レビュー / パン / 【コストコ】お家で出来たてのパン!MENISSEZ MINI PANS(メニセーズミニパン)が美味しい!アレンジレシピもご紹介!

【コストコ】お家で出来たてのパン!MENISSEZ MINI PANS(メニセーズミニパン)が美味しい!アレンジレシピもご紹介!

2019.03.03by Foooood編集部
更新日:2019.03.03

みなさん、こんにちは!Foooood編集部です!

今回はコストコで「メニセーズミニパン」という焼き上げる前の状態で販売されている少し変わったパンをご紹介いたします。

お家で焼き上げることによって焼きたてパンの様な仕上がりになるということです!

Contents

焼きたてパン度:

調理方法は少し手間だけど簡単!

パンを袋から取り出し、軽く水をふりかけてください。
予熱したオーブンの天板にパンを載せ、200〜220℃で約10〜12分間焼いてからお召し上がりください。

霧吹きでパンに水をかけるのがベストだと思いますが、霧吹きがなかったので濡らしたキッチンペーパーでパンを撫でる様な感じでパンを濡らしました。
ちなみに水道の蛇口から直接パンに水をかけても問題なく焼けました。

あとは200〜220℃になる様に予熱したオーブンで約10〜12分間焼くだけ!

焼いている時からすごくいい香りがしていたので期待が高鳴ります。

塩味が少し強めなフランスパン

では早速味見してみたいと思います!

美味しい!

表面はパリッパリ中はほんのりとしっとりしています。
あと、他のパンに比べると塩味が強めですね。

バターとの相性もバッチリです!

さて、味見も済んだところで色々アレンジしてみようと思います。

アレンジ1:ベーコンレタスサンド

定番のベーコンレタスサンドを作ってみました。

まずはパンに切れ目を入れてから焼きます
パンが焼けたらカリカリに焼いたベーコンとレタスを挟んで、ケチャップやマヨネーズなどをかければ完成です。

ベーコンの油とパンの相性は最高ですね!

アレンジ2:照り焼きチキンサンド

またまたサンド系になります。
余っていた鶏肉で「照り焼きチキンサンド」を作りました。

まずはパンに切れ目を入れてから焼きます
その間に鶏肉をしっかりと炒めて醤油、みりん、料理酒、砂糖でてりやき味にします。
あとはレタスと一緒に挟むだけで完成です。
お好みでマヨネーズもトッピングしても美味しいです。

アレンジ3:ガーリックトースト

一番おすすめなのはこの「ガーリックトースト」です。
フランスパンといえばガーリックトーストですよね!

まずパンを輪切りにします。
オリーブオイルとにんにくチューブを混ぜたものを片方の断面に塗って焼くだけです。
焼き時間は約10〜12分間よりも少し短めの方が良いです。
小さく切った分焼けるのが少し早くなります。

ガーリックトーストの他にもアヒージョのオリーブオイルにつけて食べるのもおすすめです。
オリーブオイルとの相性がかなり良いです。

メニセーズミニパンとディナーロールならどっちがいいの?

コストコで一番人気のパンといえば「ディナーロール」かと思います。
そんなディナーロールと価格や容量が似ているメニセーズミニパン。

どっちを買うのがいいのだろう?」という疑問が浮かんだので比べてみようと思います。

以下の項目にスポットを当て比べてみます。

  • 価格
  • 保存方法
  • 調理方法と味

価格

メニセーズミニパン

50g × 24個(1200g)で528円(税別)
1個当たり22円(税別)
50g当たり22円(税別)

ディナーロール

37.5g × 36個(1350g)で458円(税込)
1個当たり12.7円(税別)
50g当たり17円(税別)

1個当たりのサイズが違うので50g当たりでの比較もしてみましたが、価格ではディナーロールに軍配が上がりました。

保存方法

メニセーズミニパン

常温で長期保存が可能。
また、6個入り × 4袋と小分けにされている。
賞味期限:1ヶ月ほど

ディナーロール

常温では数日しか持たないため冷凍庫での保存がほぼ必須。
賞味期限:2、3日

メニセーズミニパンは常温で1ヶ月ほど保つため冷凍庫のスペースを使わないで済むという利点があります。
コストコに行くと冷凍庫の容量を気にすることが多いのでこれは助かりますね!

メニセーズミニパン保存のポイント
温度や湿度によって賞味期限よりも早くカビが生えてくることもあるので、すぐに食べきれない分は冷蔵庫で保存するのがおすすめです。

調理方法と味

メニセーズミニパン

そのままでは食べることが出来ないため、オーブン調理が必須
調理時間も長め

出来たてのフランスパンが味わえるので、他のパンとは一味違うパンに仕上がる。

ディナーロール

そのままで食べることができる
調理はお好みで軽くトーストするぐらい。

調理方法に関してはメニセーズミニパンは少し手間が掛かってしまいますので、ディナーロールの方がお手軽です。
味に関してはパンの種類も違うので好みによりますが、私はハードタイプのパンが好きなこともありメニセーズミニパンの方が好みでした。

結果

価格はディナーロールの方がお得。
保存方法はメニセーズミニパンの方が便利。
調理方法はディナーロルの方がお手軽。
味は好み次第!

甲乙付け難い結果になりました。
個人的には冷凍庫を圧迫しないということと味の好みでメニセーズミニパン推しです!

まとめ!最後に気になるカロリーや原材料をご紹介!

いかがだったでしょうか?

調理に少し手間がかかりますが一味違うパンに仕上がります。
コストコで見かけた際はぜひ試してみてくださいね!

最後に気になるカロリーや原材料をご紹介したいと思います。

商品情報

商品名

MENISSEZ MINI PANS(メニーズミニパン)

名称

パン

価格

528円(税別)

原材料

小麦粉、イースト、食塩、発酵小麦粉、麦芽小麦粉/酸化防止剤(V.C)

内容量

1.2kg (50g × 24個)

栄養成分表示(100g当たり)

熱量246kcal
たんぱく質8g
脂質1.2g
炭水化物49.4g
食塩相当量1.4g

原産国名

フランス

あわせて読みたい記事

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles