トップ / 記事一覧 / イベント・レジャー / プレスリリース / 100種類以上の「りんごのお酒」を販売する大阪で初の専門店「シードルショップ アルモリカ」大阪本町に4月16日(土)オープン

100種類以上の「りんごのお酒」を販売する大阪で初の専門店「シードルショップ アルモリカ」大阪本町に4月16日(土)オープン

2022.04.14by Foooood編集部
更新日:2022.04.14

ソムリエが国内・国外から厳選したシードルを1本600円台より販売

シードルショップアルモリカ(大阪府大阪市、オーナー:山中大輔)はフランス料理店併設のシードル(りんごのお酒)専門店。100種類以上のシードルを取り扱い、試飲に加えて、試食を交えた食とのペアリングを提案する酒販店としてオープンします。また、店頭販売と合わせて通販もおこない、全国配送に対応します。

Contents

100種類以上から、お客さまの趣向に合うシードルを見つけていただくための4つの特徴、こだわり

[1]ソムリエとシードルアンバサダー2つの資格を持つスタッフがビールやワインなど、お客さまの嗜好されているお酒に合わせたシードルを試飲と合わせて提案します。

[2]飲食店併設の特徴を活かし、どのシードルがどんな料理に合うのかはもちろん、それはインドアやアウトドア、友人や家族、自分時間など、どんな状況に合うのかを含めた提案をおこないます。

[3]シードルはお酒の中では低カロリー、低プリン体、アルコール約2〜8%、ポリフェノール、アミノ酸、ビタミン、ミネラル類も豊富なため、健康志向にも寄り添う提案をおこないます。

[4]100種類以上のラベルはどれもユニーク。ジャケ買いも楽しんでいただき、時には冒険していただくことも推奨します。

[誕生の背景]
持続可能なりんご栽培を目指す生産者と、シードルを楽しみたい生活者の架け橋になりたい

大阪調理製菓専門学校のドリンク部門の非常勤講師としても活躍したオーナーの山中が出会った「世界で質を高く評価される日本のりんご」を使ったシードル。はじめは、その魅力あるシードルを経営するフランス料理店のお客様へ提供するために研究、厳選をおこなっていました。しかしその時にシードルは知名度が低く、販路を拡大しにくいことや、りんご生産農家自体の減少により原料生産が縮小していることなど、シードル醸造所が抱える多くの課題を知りました。魅力あるシードルを提供し続けるためにも、持続可能なりんご栽培を目指す生産者と、シードルを楽しみたい生活者の架け橋になりたいとの想いが強くなり、全国でも珍しいシードルのみの専門店をオープンしました。

店舗概要

店名:シードルショップ アルモリカ
所在地:〒541-0048 大阪市中央区瓦町4-3-14 御堂アーバンライフB1F(本町駅2番出口徒歩2分)
TEL:06-6226-8955
営業時間:13:00~21:00 定休日:第2・4水曜日、毎週木曜日
URL:https://www.cidre-armorica.com/

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles

一緒に読まれている記事Articles that are read together