トップ / 記事一覧 / イベント・レジャー / プレスリリース / 【阪神梅田本店】全国から約250種類の駅弁が集結!「阪神の有名駅弁とうまいもんまつり」2023年も開催!

【阪神梅田本店】全国から約250種類の駅弁が集結!「阪神の有名駅弁とうまいもんまつり」2023年も開催!

2022.12.29by Foooood編集部
更新日:2022.12.28

関西にいながら有名駅弁はもちろん、懐かしのあの味をご堪能いただけます。

■阪神梅田本店 8階 催事場
■「阪神の有名駅弁とうまいもんまつり」
■2023年1月24日(火) → 30日(月) <最終日は午後5時まで>
公式サイト:https://web.hh-online.jp/hanshin/contents/saiji/ekiben/
全国各地から実演22店舗を含む、約250種類の駅弁が集結する阪神梅田本店の名物催事。関西にいながら有名駅弁はもちろん、懐かしのあの味もご堪能いただけます。
今回は、2022年9月23日運行開始した JR九州の特急「ふたつ星4047」に乗車しないと手に入らないお弁当“特製ふたつ星弁当”を実演販売。また、震災で店舗がなくなり、現在は販売していない三陸名物・岩手「いちご弁当」が復活するなど、注目の駅弁が大集結します!

Contents

JR九州「ふたつ星4047(よんまるよんなな)」の車内販売限定のオリジナル弁当が登場!

西九州新幹線の開業と同じ日(2022年9月23日)、新たに誕生した観光列車「ふたつ星4047(よんまるよんなな)」。
武雄温泉と長崎を3時間かけ、のんびり海を眺め、お酒やお弁当、スイーツなどを楽しみながら豊かな時間を楽しむ観光列車です。

■その車内でしか食べられない弁当がこちらです。

【実演】JR九州 特急 ふたつ星「カイロ堂」特製 ふたつ星弁当(1人前)2,800円(各日販売予定数50)
有明海の海苔と佐賀牛をふんだんに使用した贅沢な二段重の“特製 ふたつ星弁当”

【実演】JR九州 特急 ふたつ星「カイロ堂」ふたつ星一段重弁当(1人前)1,998円
また“ふたつ星一段重弁当”もご用意。乗車しても予約なしでは手に入らないお弁当が実演販売で登場!

「ふたつ星4047」の停車駅の人気駅弁も登場!

【実演】佐賀県 佐世保線 有田駅「有田テラス」有田焼カレー三種のチーズ盛〈干支〉(1人前)2,300円(各日販売予定数300)
3種のチーズと28種類のスパイスが効いた焼きカレー。有田焼の器も人気です。干支シリーズ、2023年「卯」も登場!
【実演】長崎県長崎本線 長崎駅「鯨専門店 くらさき」ながさき 鯨カツ弁当(1人前)1,296円
ご飯の上に鯨のそぼろと鯨カツ、竜田揚げが。多彩な鯨の味わいをひとつに!

震災で店舗が失われた、三陸 宮古駅名物「いちご弁当」の味が受け継がれ復活!

1990年代から約20年間、宮古駅の名物駅弁であり続けてきた「いちご弁当」。東日本大震災により店舗が失われ、「いちご弁当」も販売できなくなりました。
今回、その幻の駅弁が実演販売で復活いたします。「魚元」の味を受け継いだのは、山形県米沢駅で「牛肉どまん中」が有名な駅弁屋「新杵屋」。催事期間中は、「魚元」の女将さんも登場し、会場を盛り上げます!(1/24~27日予定)

【実演】岩手県 宮古 魚元/新杵屋 いちご弁当 (1人前) 2,350円(各日販売予定数200)
ウニをアワビとともに汁煮にした地元料理“いちご煮”は、煮込んだウニがほろほろと黄赤に固まってキイチゴのように見えるため、その名がつけられました。
ウニのそぼろ煮が、ご飯の上に敷き詰められ、その上に高級な海の食材アワビが4切れ。見た目は単純でありながら、磯の風味が堪能できる贅沢な駅弁です。

今年も食べたい!行列必至、根強い人気駅弁を実演販売

【実演】広島県 山陽本線 宮島口駅「うえの」あなごめし(1人前)2,430円(各日販売予定数800)※お一人さま5個まで

創業明治34年の100年以上続く老舗が作る「あなごめし」。
アナゴの出汁で炊いたごはんを詰め、素焼きした後に特製タレで香ばしく重ね焼きしたアナゴを敷き詰めています。継ぎ足しで使うタレで焼きあげたアナゴの芳ばしい香りは絶妙。全国の駅弁ファンあこがれの逸品が阪神百貨店に!
※午前10時から地下1階東エレベーター前にて引き換え整理券を配布。駅弁は午後4時までのお渡し。

海の恵みたっぷり!バラエティ豊かな海鮮弁当が勢ぞろい

【実演】北海道 函館本線 旭川駅「旭川駅立売商会」かに三昧(1人前)2,646円
ズワイ棒肉とマルズワイ爪下肉がたっぷり!ボリューミーな弁当を存分に味わって。

【実演】北海道 根室本線 厚岸駅「氏家待合所」氏家かきめし(1人前)1,190円
かきなどの煮汁とひじきで炊かれたご飯の上にはじっくり煮込んだかき!農厚な旨みが詰まった伝統の味。

【実演】兵庫県 東海道本線 神戸駅「淡路屋」めでっ鯛飯(1人前)1,200円
創業120周年記念品。鯛を模した器に、鯛や海老を盛り付けたおめでたい鯛飯。

【実演】富山県 北陸新幹線 富山駅「源」ぶりかまめし(1人前)1,350円
肉厚で脂ののったぶりかまを、ひと晩じっくりと骨まで柔らかく煮込みました。

がっつりお肉系もよりどりみどり!

【実演】宮城県 東北新幹線 仙台駅「こばやし」厚切り真たん牛たん弁当(1人前)2,280円
牛たんの中でも特に柔らかく希少な真たんを贅沢に使用。昔ながらの麦飯に敷き詰めて。

【実演】秋田県 奥羽本線 大館駅「花善」鶏めし弁当(1人前)920円
愛されて70有余年。秘伝のスープで炊きこんだご飯と国産鶏もも肉の甘辛煮は相性抜群!

【実演】山梨県 中央本線 小渕沢駅「丸政」甲州カツサンド(1人前)800円
熟成させたロース肉を重ねあわせて揚げ、ふんわり柔らかなパンでサンド。

あれも、これも、食べたい!話題の名物弁当がずらり

【実演】山形県 奥羽本線 米沢駅「新杵屋」牛肉どまん中(1人前)1,350円
ご飯は山形県産米どまんなか。特製たれで味付けした牛そぼろと牛肉煮をのせて。
【実演】北海道 函館本線 小樽駅「小樽駅構内立売商会」海の輝き(1人前)2,160円(各日販売予定数100)
フタを開けると輝くいくらは、まさに“海の宝石箱”。うにや椎茸、玉子焼きなど色とりどり。

【実演】北海道 函館本線 森駅「いかめし阿部商店」いかめし(1人前)880円
1941年の誕生から受け継がれるタレと柔らかなイカ。地元で長く親しまれてきた味を実演で。

会場のテラス部分には、「ふたつ星4047(よんまるよんなな)」の列車装飾を施し、旅気分を演出!

会場内では列車装飾を施し、実際に「ふたつ星4047」に乗車している気分を演出。旅気分を味わいながら、駅弁をお召し上がりいただけます。

※装飾イメージ

「阪神の有名駅弁とうまいもんまつり」
■阪神梅田本店 8階 催事場
■2023年1月24日(火) → 30日(月) <最終日は午後5時まで>
公式サイト:https://web.hh-online.jp/hanshin/contents/saiji/ekiben/

※都合により、イベントが変更・中止になる場合がございます。
※商品は豊富に用意しておりますが、万一売り切れの際はご容赦ください。
※天候・交通事情により、商品の入荷がない場合がございます。

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles

一緒に読まれている記事Articles that are read together