トップ / 記事一覧 / イベント・レジャー / プレスリリース / SDGsで新しい!次世代東京ばな奈が誕生「米粉だよ!東京ばな奈もちふわ」 12月8日(木)にOPENする旗艦店「東京ばな奈s(トーキョーバナナーズ)」にて先行発売

SDGsで新しい!次世代東京ばな奈が誕生「米粉だよ!東京ばな奈もちふわ」 12月8日(木)にOPENする旗艦店「東京ばな奈s(トーキョーバナナーズ)」にて先行発売

2022.11.17by Foooood編集部
更新日:2022.11.16

株式会社グレープストーン(本社:東京都中央区銀座)が展開する「東京ばな奈ワールド」https://www.tokyobanana.jp/ は、2022年12月8日(木)に『米粉だよ!東京ばな奈もちふわ バナナカスタード味、「見ぃつけたっ」』をJR東京駅八重洲口直結の東京駅一番街にオープンする旗艦店「東京ばな奈s(トーキョーバナナーズ)」にて先行発売いたします。

Contents

おいしい!かわいい!しかも、SDGs!次世代東京土産が誕生「米粉だよ!東京ばな奈もちふわ」

最新作『米粉だよ!東京ばな奈もちふわ』は、新しいチャレンジづくしの次世代東京ばな奈です。老若男女から愛されるおいしさはもちろん、東京ばな奈の絵柄のかわいさに加えて、SDGsへの貢献も目指しました。

『東京ばな奈もちふわ』のより良い社会を目指して3つのSDGsチャレンジ

【SDGs Challenge 1】国産米粉でグルテンフリー※!
なるべく多くの方に味わって欲しいという思いから、スポンジ生地を国産米粉でグルテンフリーに。小麦アレルギーの方や小麦が合わない方にも安心してお楽しみいただけます。
※本品は小麦粉を含む製品と共通の設備で製造しております。

【SDGs Challenge 2】「もったいないバナナ(※1)」でフードロス削減!
株式会社Doleが推進する廃棄バナナを削減するSDGs活動「もったいないバナナ」プロジェクト(※2)。「米粉だよ!東京ばな奈もちふわ」は「もったいないバナナ」プロジェクトに参画しています。おいしい上に自然とフードロスに貢献できる、SDGsな東京ばな奈が誕生しました。
※1 バナナ原料のうち17%使用
※2 詳しくは後述の「「もったいないバナナ」プロジェクトについて」の章をご覧ください。

【SDGs Challenge 3】パッケージ&インキもエコ仕様!
東京ばな奈史上初、8個入&12個入の包装紙をなくして箱自体にパッケージデザインを施しました。また、箱に使用している紙自体も、適切に管理された森林からできたFSC認証紙を使用しています。環境に配慮した植物性由来成分を含むインキを選んでSDGsへの貢献を目指した取り組みを行っています。

『東京ばな奈もちふわ』のおいしくてかわいい4つのスマイルチャレンジ

【Smile Challenge 1】米粉でもちふわ食感!
おいしさの秘密は米粉。小麦の代わりに米粉で焼きあげることで、“もちふわ”な食感に仕上がりました。お米の国の日本人にぴったりな優しい味わいをぜひ味わってみてください。

【Smile Challenge 2】東京ばな奈史上初のブランドバナナ!
『東京ばな奈もちふわ』では、株式会社Doleのブランドバナナ「スウィーティオ(※)」を素材として選びました。スウィーティオは甘さぎっしりの高地栽培。日本国内で味覚調査を行い日本人の嗜好に合わせて甘さとコクを追求していて、まさに東京ばな奈のバナナカスタードクリームと相性抜群のバナナです。
※ バナナ原料のうち17%使用

【Smile Challenge 3】新技術で絵柄は25種類!
これまで多くても最大で6種類だった東京ばな奈の絵柄。『東京ばな奈もちふわ』のスポンジケーキに描かれた“もちふわうさぎ”の絵柄は、なんと25種類!新しい技術の組み合わせにより5つの表情と5つのポーズの組み合わせが可能になりました。あなたは何種類の“もちふわうさぎ”に出会えるかな?

【Smile Challenge 4】2023年に向けた干支東京ばな奈!
月で餅をついているイメージがあるほど、お米と繋がりがある“うさぎ”。さらに、2023年は“うさぎ年”。そんな縁から「東京ばな奈もちふわ」はうさぎ柄になりました。新年を祝う“もちふわうさぎ”は、お正月の贈り物にもおすすめです。

「もったいないバナナ」プロジェクトについて

https://www.dole.co.jp/special/mottainaibanana/
「もったいないバナナ」プロジェクトは、株式会社ドール様が推進する廃棄バナナを削減するSDGs活動。まだ美味しく食べられるにもかかわらず、流通過程における様々な要因により捨てざるを得ないバナナを「もったいないバナナ」とし、もったいないバナナがなくなることを目指しています。本プロジェクトを通して、「もったいないバナナ」は品質が保証されたものであり、「廃棄品だから安い・悪い」ということではなく、地球・環境にとって大切な資源であるという正しい理解を促し、国内における「フードロス削減」のリテラシー向上の旗振り役となれるよう活動しています。

東京駅一番街に誕生する旗艦店「東京ばな奈s(トーキョーバナナーズ)」で先行発売

2022年12⽉8⽇(木)、JR東京駅⼋重洲地下中央⼝改札を出てすぐの場所にオープンする東京ばな奈の旗艦店「東京ばな奈s(トーキョーバナナーズ)」。グランドオープンを記念して「米粉だよ!東京ばな奈もちふわ」を先行発売いたします。

【東京ばな奈sOPEN関連リリース第1弾】
20年の時を超え“東京ばな奈の伝説のカレーパン”が復活!さらに“東京ばな奈のクリームあんドーナツ”も誕生
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000834.000025606.html

店舗概要

ショップ名:東京ばな奈s (読み方:トーキョーバナナーズ)
オープン日:2022年12月8日(木)
営業時間 :9:00〜21:00 ※年末年始は営業時間が変更になる可能性があります。
場所   :東京駅一番街(JR東京駅八重洲地下中央口改札を出てすぐ)

商品概要

名称:米粉だよ!東京ばな奈もちふわ バナナカスタード味、「見ぃつけたっ」 ※商品名の「見ぃつけたっ」は省略可
価格:4個入 615円(本体価格 570円)、8個入 1,188円(本体価格 1,100円)、12個入 1,782円(本体価格 1,650円)
発売日:2022年12⽉8⽇(⽊) 〔東京ばな奈sで先行発売〕

東京ばな奈ワールドとは

公式HP
https://www.tokyobanana.jp/
公式Twitter
https://twitter.com/tokyobanana1991
公式Instagram
https://www.instagram.com/tokyobanana_jp/

「東京ばな奈ワールド」は、1991年“新しい時代の東京みやげ”として誕⽣した東京みやげNo.1(※1)の『東京ばな奈』から始まったスイーツブランドです。 バナナのおいしさにとことんこだわったスイーツの数々を⽣み出して、『おいしいバナナスイーツブランドNo.1』(※2)も獲得。世代を越えて愛される東京スイーツの数々は、⽇本国内はもちろん海外からの旅⾏客にも“⽇本を代表するおみやげ”として親しまれています。

※1: 過去1年間で友⼈・同僚・家族からもらった「国内のおみやげ」ランキングNo.1〈(株)インテージ調べ(調査実施期間:2019年2⽉5⽇-7⽇ )〉
※2:日本マーケティングリサーチ機構 調査概要:2021年3月期_ブランドのイメージ調査

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles

一緒に読まれている記事Articles that are read together