トップ / 記事一覧 / 外食グルメ / カフェ / 【4月1日オープン!】Shake Shack(シェイクシャック)京都四条烏丸店の内覧会&試食会レポート!限定メニュー「宇治抹茶シェイク」「京都クッキークリート」は京都らしい贅沢な味わい!

【4月1日オープン!】Shake Shack(シェイクシャック)京都四条烏丸店の内覧会&試食会レポート!限定メニュー「宇治抹茶シェイク」「京都クッキークリート」は京都らしい贅沢な味わい!

2019.03.31by Foooood編集部
更新日:2019.04.05

みなさん、こんにちは!Foooood編集部です!

大人気の「Shake Shack(シェイクシャック)」が2019年4月1日(月)に京都烏丸にオープンします!

今回はそのオープンに向けて「Shake Shack(シェイクシャック)京都四条烏丸店」の内覧会および試食会へ参加&取材させて頂きましたのでご紹介したいと思います。

Contents

和風モダン度:

そもそも「Shake Shack(シェイクシャック)」とは?

Shake Shack(シェイクシャック)は、ニューヨークの高級レストラングループ「ユニオン・スクウェア・ホスピタリティ・グループ」が、「モダンなバーガースタンド」をコンセプトにハイクオリティな食事を手ごろな価格で楽しめるお店として誕生させたバーガーレストランです。

日本には2015年に初上陸しました。
今回4月1日よりオープンする京都四条烏丸店は日本国内だと13店舗目の店舗になります。

バーガーショップにあるファーストフードという概念を払拭し、「ファインカジュアル」という新しいカテゴリを築いたパイオニアでもあります。
フレッシュな素材を使用したバーガーやフライ、フローズンバニラカスタードやレモネードだけでなく、オリジナルビールやワインといったお酒も楽しめるそうですよ。デートにも良さそうですね!

また、食事だけにとらわれず、「Stand For Something Good(シェイクシャックに関わるあらゆる人々や企業、地域のために我々ができることを)」というブランドミッションのもと、高品質で安心・安全な食材の調達や地球環境に優しいデザインを採用しているそうです。

その一環としてチャリティパートナーとしても活動されていて、Shake Shack(シェイクシャック)京都四条烏丸店は「京都クッキークリート」売上の5%を、こどもたちが安心・安全に放課後を過ごせる活動を行っている「放課後NPOアフタースクール」に寄付するそうですよ。

アクセス抜群!阪急烏丸駅から徒歩4分!

「Shake Shack(シェイクシャック)京都四条烏丸店」阪急烏丸駅から徒歩4分と大変アクセスが良い所にあります。

ぶらりと京都へ遊びに来たという方も、海外から来たという方も気軽に行けるのは嬉しいですね。

店舗の外にはこんなオシャレなロゴマークも!

和風モダンでオシャレな店内は「ひのき」の香り!

扉の前には「のれん」がかけられております。
京都っぽくて素敵ですね。

「のれん」だけでなく、「格子」「畳表」「左官の壁」というような和風テイストも取り入れられているんです。「Shake Shack(シェイクシャック)」の先進的かつシンプルなデザインと古き良き日本の伝統が非常によくマッチしており、大変オシャレです。

また、店内は入るとふわっと「ひのき」の良い香りがしました。
これは大変落ち着きます。

お席も木材がオシャレで良い感じです。

「Shake Shack(シェイクシャック)」のアイコンである「バンドオブレター」をひのき材で切り出して構成したファサード、大きな円形のテーブル、「床几」などなど、どこをとっても京都らしさ満載です!

【京都四条烏丸店だけの限定メニュー】宇治抹茶シェイクと京都クッキークリートを試食させて頂きました!

今回の内覧会では「宇治抹茶シェイク」「京都クッキークリート」を試食させて頂きました。
この2つのメニューは京都四条烏丸店だけの限定メニューだそうですよ!

宇治抹茶シェイク

まずは、京都の老舗お茶屋「伊藤久右衛門」とのコラボメニュー「宇治抹茶シェイク」から頂きます。
抹茶カラーが美しく、高級な宇治抹茶が惜しげもなく使用されているのが、見た目にも伝わってきます。

すっごく、おいしいです!!
飲んだ瞬間、ふわっと上品な抹茶の良い香りが口いっぱいに広がります。
程よい抹茶の苦味のおかげで後味すっきりとしており、上品であと引く美味しさです。

シェイクに使用されている宇治抹茶は、伝統的な石臼挽きで時間をかけ丹念に挽きあげているのが特長なんだとか。

上質な宇治抹茶の香りや味わいを最大限に楽しめるように、あえて他のトッピングを加えず、宇治抹茶とフレッシュでクリーミーなバニラシェイクのみをにブレンドしているそうです。シンプルだからこそ、本来の上質な味わいや豊かな風味を存分に楽しむことができます。

また、オーダーが入ってから1杯ずつ丁寧に作られるので、いつでも出来立てのフレッシュな状態で味わうことができるのも嬉しいポイントです!とっても贅沢な一杯ですよね。

お値段は710円(税別)だそうですが、これはその価値がある1杯です。
抹茶好きな方には特に飲んでみて頂きたいです。

京都クッキークリート

次に「京都クッキークリート」を頂きました。
こちらは、和の素材を使った洋菓子店として京都で人気の「京洋菓子司ジュヴァンセル」とのコラボメニューだそうです。

こちらまず、見た目がすっごく可愛いです!
SNS映えすること間違いなしですよ!

トッピングされている赤いテクスチャーはドライストロベリーで、緑のクッキーはジュヴァンセルの人気商品「京都咲咲(きょうとさくさく)」を贅沢に使用しています。仕上げに宇治抹茶パウダーが振りかけられているのも嬉しいですね。

こちらも、すっごくおいしいです。
ドライストロベリーが程よく酸味があり、甘酸っぱくスッキリとした味わいです。

「京都咲咲(きょうとさくさく)」は、しっかりとした宇治抹茶の豊かな香りとほろ苦さを味わえるチョコレートクッキーで、その名前の通りサクサクとした食感が良いアクセントになっております。

濃厚なシェイクシャックのフローズンバニラカスタードが、またおいしい!
味に奥行きを出すために宇治抹茶マシュマロソースも入っています。

お値段ですがSmallが490円(税別)でRegularが660円(税別)だそうです。
こちらも本当においしいので「Shake Shack(シェイクシャック)京都四条烏丸店」を訪れた際は、是非食べてみて頂きたいメニューです!

お土産にぴったりな「KYOTO Tシャツ」や「KYOTO手ぬぐい」などのグッズも販売しています!

シェイクシャック京都四条烏丸店限定の「KYOTO Tシャツ」「KYOTO手ぬぐい」などのグッズも販売されます。

実用的で普段使いにもバッチリかつ、シェイクシャックらしい舞子デザインがとっても可愛いですね。

京都観光のお土産にぴったりです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

先進的かつ日本の伝統をふんだんにあしらった「Shake Shack(シェイクシャック)京都四条烏丸店」は、京都の新スポットになること間違いなし!です。

見た目がオシャレなだけでなく、味わいも本格的な「Shake Shack(シェイクシャック)京都四条烏丸店」。
2019年4月1日(月)からオープンですので、京都を訪れた際はぜひ行ってみてくださいね!

店舗情報

【店名】Shake Shack(シェイクシャック)京都四条烏丸店
【公式ホームページ】http://www.shakeshack.jp/
【住所】京都府京都市中京区東洞院通蛸薬師下ル元竹田町643 BINO東洞院 1階

【営業時間】11:00~22:00(ラストオーダー21:30)
【席数】120席

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles