トップ / 記事一覧 / イベント・レジャー / プレスリリース / 「和心旬彩」で蔵元直送の日本酒生樽サーバー導入。季節を感じるフュージョン料理と楽しむ搾りたて生原酒

「和心旬彩」で蔵元直送の日本酒生樽サーバー導入。季節を感じるフュージョン料理と楽しむ搾りたて生原酒

2022.04.19by Foooood編集部
更新日:2022.04.19

梅田スカイビルの「滝見小路」内に位置する「和心旬彩」にて、日本酒専用の生樽サーバーを導入し、蔵元直送の生原酒を提供を開始いたしました。

Contents

酒蔵でしか飲むことのできなかった「搾りたてのフレッシュな」味わい

「生原酒」とは、火入れや加水などの工程を経て市場に出る日本酒とは異なり、搾りたての日本酒をろ過しただけの状態をいい、そのフレッシュな口当たりや原酒ならではの濃厚な香りと味わいは、酒蔵でしか味わうことのできない特別なもの。

鮮度の秘密は蔵元直送「生樽サーバー」

酸素や光を透過しない特殊な生樽サーバーにより、‟ 出来立て、搾りたて ”の日本酒がフレッシュなままお客様に提供できるようになりました。鮮度を保ち劣化しないのもその特徴です。

大阪市内で楽しめるお店は4店舗のみ(2022年4月現在)

こちらの「生樽サーバー」で生原酒を提供するお店はまだ大阪市内に4店舗、関西でも7店舗だけという希少性も話題です。もともと大量生産ができない「生原酒」は流通量も限られるため、なかなかお目にかかることのできない日本酒なのです。

純米大吟醸の生原酒をフュージョン料理に合わせて

和を感じさせる旬の食材をふんだんに使用し、フレンチやイタリアンなどの調理法を取り入れたフュージョンスタイルのコース料理が楽しめる「和心旬彩」。

旬を五感で感じていただけるコース内容には、香り高くフレッシュな味わいの生原酒を合わせて。サーバーから注がれるキリっと冷えた純米大吟醸の生原酒は専用のグラスで提供いたします。ぜひ生原酒ならではの風味や香り、ふくよかな甘みを楽しんでください。

———————————-​
●店舗: 和心旬彩
●時間:   11:30~15:00(L.O.14:00)/17:00~22:00(L.O.21:00)
●定休日: 毎週水曜日(祝日の場合は営業)

【蔵元直送 純米大吟醸生原酒】
●価格: (グラス)1,000円 (税サ込)
●問い合わせ: 06-6440-5999(和心旬彩直通)
●HP:  https://www.skybldg.co.jp/cafeshop/shunsai/  
*今後の状況により営業時間や提供内容が変わる場合がございます。
●ご予約:https://r.gnavi.co.jp/k527725/

和心旬彩

“旬”をテーマにジャンルの異なるシェフたちが紡ぎだす、和の心。

豊かな自然と調和した食文化である和食をベースに、フレンチやイタリアンの手法を取り入れた新感覚の和食。
ジャンルの異なるシェフたちの創造性が紡ぎだす和の心の数々。
日本各地の地酒はもちろん、ワインと合わせてもぴったりの“新感覚の和食”をお届けします。

窓越しに豊かな自然を望む、大人の隠れ家

大阪駅より徒歩7分、梅田スカイビルの地下1階。季節の移ろいを感じさせる「中自然の森」に包まれた閑静な佇まい。
窓の外には、水面を渡る風にキラキラと輝く新芽の鮮やかな緑が広がる落ち着いた雰囲気の個室やテーブル席をご用意。

和の心を大切にしながらも、フレンチやイタリアンなど、世界の美食といわれる調理法を取り入れたフュージョンスタイルのコース料理が人気。お客様の目の前で仕上げる前菜や、旬を迎える食材の数々を五感で感じていただけます。

梅田スカイビル

梅田スカイビルは、2つのビルが屋上を含む上層部「空中庭園」でつながる独特のフォルムの連結超高層ビル。

JR大阪駅から歩いて約7分。都会と自然が共生し、四季折々の風景に出合えるランドスケープの中にそびえたつ梅田スカイビルは、2008年、サグラダ・ファミリアやパルテノン神殿など歴史的建造物と並び、世界の建築トップ20にランクイン。英紙『THE TIMES』に掲載されたことから海外でも話題に。

地上173m、風を感じられる開放的な空中庭園展望台からは360度のダイナミックな景色が望むことができ、明石海峡大橋に沈む夕陽や煌めく高層ビル群の夜景など、時間帯ごとに異なる情景が楽しめるのも魅力です。

■梅田スカイビル公式WEBサイト
https://www.skybldg.co.jp/

■梅田スカイビル公式Instagram
https://www.instagram.com/umeda_skybuilding/

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles

一緒に読まれている記事Articles that are read together