トップ / 記事一覧 / イベント・レジャー / プレスリリース / 冬季限定 北海道スイーツ「SNOWS(スノー)」からオンライン限定 新商品「山男」が新登場!

冬季限定 北海道スイーツ「SNOWS(スノー)」からオンライン限定 新商品「山男」が新登場!

2022.11.15by Foooood編集部
更新日:2022.11.15

~11月18日(金)から、とろける口どけの放牧ミルクプリンを販売開始~

株式会社COC(代表取締役:長沼真太郎、本社:北海道札幌市)が展開する、冬季限定北海道スイーツ「SNOWS(スノー)」は、11月18日(金)よりオンラインショップ限定で濃厚でコクのある放牧牛乳を使った放牧ミルクプリン「山男」を販売致します。

11月1日(火)より展開している商品は、オンラインショップ販売初日に販売開始3分で完売。その後も連日、想定を超える数のお客様からのアクセスがあり大注目をいただいております。
■公式サイト:https://snows-winter.com
■公式LINE:https://lin.ee/QLnenBS

北海道・札幌の「洋菓子きのとや」が手がける冬季限定のお菓子「SNOWS(スノー)」は、お菓子の原材料に徹底的にこだわり、北海道ならではの質の良い原材料を生かした商品作りをしています。
SNOWSのお菓子に欠かせない原材料の牛乳は、北海道日高町にある直営の牧場で伸び伸びと育った牛から搾った牛乳を使用。とくに、脂肪分が高く、濃厚で風味豊かな冬の牛乳をふんだんに使ったお菓子を全国のお客様に味わっていただきたいという想いから、この度、新商品“放牧ミルクプリン” をオンラインショップ限定で販売します。

Contents

とろける口どけの放牧ミルクプリン「山男」

放牧酪農で搾った牛乳と、卵をふんだんに使用した、スプーンで掬うだけでとろっと、なめらかな口どけのプリン。放牧酪農の健やかな牛たちから搾られる牛乳は、寒い冬に脂肪分が⾼く濃厚なコクがあります。最初は、カラメルソースをかけずに、放牧牛乳そのものをしっかりと味わっていただくのがおすすめです。途中からお好みでカラメルソースをかけてお楽しみください。プリンはたっぷりお召し上がりいただけるサイズです。オリジナルデザインのガラス容器は、食べ終わった後もご使用いただけます。
SNOWSオンラインショップでの限定販売です。
【内容量/価格】1箱4個入 2,376 円(税込)

【賞味期限】北海道の工場の製造日より16日※要冷蔵
【販売開始】2022年11月18日(金)から
【販売店舗】SNOWSオンラインショップ限定

SNOWSでは、パッケージデザインに「山の版画家」と呼ばれた大谷一良氏の作品を採用させていただいています。大谷氏は山の情緒を描いた作品が特徴的ですが、数少ない人物モチーフの作品「山男」に温かみを感じ、プリンのパッケージデザインに採用させていただきました。
この冬も、大切な方への贈り物や自分へのご褒美として、北海道発の素材にこだわり、この季節にしか味わえないSNOWSの世界をお楽しみください。

「SNOWS」オンラインショップ

■SNOWSオンラインショップ
「SNOWS」公式LINEでは、新商品やイベント情報をお届けするとともに、公式LINE登録者限定でオンラインショップをオープンしています。
オンラインショップ(公式LINE登録者限定)
販売期間 :2022年11月1日(火) ~2023年3月31日(金)
販売商品 :スノーサンド、スノーボール、オンラインショップ限定販売の新商品などを販売
公式LINEアカウント https://lin.ee/QLnenBS
※詳細はSNOWS公式サイトをご確認ください。
公式サイト:https://snows-winter.com/

素材へのこだわりや循環​

SNOWSのお菓子は、直営の放牧酪農で搾乳した牛乳などを使用し、北海道の原材料にこだわったお菓子づくりが特徴です。
スノーサンドに使用している生チョコレートは、冬の寒さにより脂肪分をたっぷりと蓄えた放牧酪農牛乳を使用することで、濃厚なコクが生まれ、チョコレートが深い味わいとなります。
グループの養鶏場では、鶏の飼料に自社グループ内で廃棄される菓子くずを少し加えることで、風味豊かな美味しい卵になりました。さらに、その鶏の糞をたい肥にし、放牧酪農牧場の牧草の肥料にすることで草が育ち、牛が食べて、牛からいい牛乳が搾れ、お菓子になります。再活用・循環させることで、材料が無駄にならないように取り組んでいます。

パッケージへのこだわり

SNOWSはお菓子だけでなく、パッケージにもこだわりが詰まっています。雪と山を想起させ、懐かしさを感じさせるパッケージは、“山の版画家”大谷一良さんの作品を使用。冬に北海道からやってくるブランドとして、北海道の冬や雪を象徴するイメージを探し、大谷さんの作品に出会い、パッケージに採用させていただきました。
パッケージ単体のデザインだけではなく、ブランド全体でSNOWSの世界観を作り上げています。

大谷 一良(おおたに かずよし):
1933年東京生まれ。’57年東京外国語大学スペイン語科卒業。 総合商社の勤めを終え、’96年よりフリーの版画家。この間、 畦地梅太郎氏に私淑、「アルプ」をはじめ「まいんべるく」 「山と渓谷」「心」「岳人」などに表紙画やカット、文章を発表。’80年代から個展や共同展を毎年のように開催。著書に 「山のかけら」「山の絵葉書」「風のディヴェルティメント」 など、共著に「山のABC」「忘れ得ぬ山」など多数。山岳関連書の装丁・装画も数多く手がけた。 (1933-2014)

BRAND情報

- SNOWSとは -
北海道の「洋菓子店きのとや」から誕生した冬季限定のお菓子。
ラングドシャクッキーのカリカリ感と、放牧牛乳の美味しさを最大限に生かした生チョコレートのなめらかさの両方を実現した“スノーサンド”、生クリームを生チョコレートで包んだ生トリュフチョコレート “スノーボール”など北海道発の特別なスイーツをラインナップ。

- - - - - - -

2021年1月にスノーサンドがローンチ。札幌・東京・横浜で期間限定のスノーサンドショップを出店し、販売期間2か月間でスノーサンドを合計50万枚以上販売。2021年11月より、“森ノ幹”や“スノーボール”といったラインナップを増やし、東京や大阪に出店した際には、約2時間待ちの大行列ができるなど、大きな話題を作り注目されました。名古屋初出店時は、ジェイアール名古屋タカシマヤで開催されたチョコレートの祭典「アムール・デュ・ショコラ2022」に参加し、初登場で最高4位にランクイン。

さらに昨シーズン(2021年11月~2022年3月末)、スノーサンドは、累計で約250万枚を販売し、北海道・新千歳空港内のお土産ショップ内「商品別月間売上ランキング」で1位を獲得するなど、北海道の新定番スイーツとして成長しています。

■ブランド名:SNOWS(スノー)
■販売期間 :冬季限定(2022年11月1日~2023年3月31日予定)
■公式サイト: https://snows-winter.com
■公式SNSアカウント
Instagram :@snows_jp    (https://www.instagram.com/snows_jp/
LINE         :@snows_jp    (https://lin.ee/QLnenBS
Twitter      :@SNOWS_JP (https://twitter.com/SNOWS_JP

会社情報
■名 称 :株式会社COC
■所在地 :北海道札幌市中央区北2条西10丁目2-7
■設 立 :2005年11月24日
■代表者 :代表取締役 長沼 真太郎

北海道コンフェクトグループ
株式会社きのとや、千秋庵製菓株式会社、Kコンフェクト株式会社、株式会社COC、株式会社ユートピアアグリカルチャーの5社からなる北海道コンフェクトグループ。北海道発の“おいしいお菓子”を発信していきます。
http://www.hokkaido-confect.com/

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles

一緒に読まれている記事Articles that are read together