トップ / 記事一覧 / 商品レビュー / 食料品 / 【セブンイレブン】冷凍食品「中華蕎麦とみ田つけめん」は麺がモチモチ!濃厚豚骨魚介スープがたまらない!カロリーもご紹介!

【セブンイレブン】冷凍食品「中華蕎麦とみ田つけめん」は麺がモチモチ!濃厚豚骨魚介スープがたまらない!カロリーもご紹介!

2019.08.19by Foooood編集部
更新日:2019.08.19

みなさん、こんにちは!Foooood編集部です!

今回は2019年7月9日からセブンイレブンやイトーヨーカドー、ヨークマートで順次発売の冷凍食品「中華蕎麦とみ田つけめん」がやっと関西でも購入できるようになりましたので、実際に食べてレビューしていきたいと思います。

また、併せてカロリーや原材料などのご紹介いたします。

Contents

そもそも「中華蕎麦とみ田」とは?

「中華蕎麦とみ田」は千葉県松戸市のつけ麺、中華蕎麦、ラーメン店だそうです。

調べたところ、2019年8月現在にはまだ関西には店舗が無いようです。
遠方の人気店監修の二郎系ラーメンがセブンイレブンで手軽に買えるなんて嬉しいですよね!

いつか本店へ行ってみたいです!

冷凍食品「中華蕎麦とみ田つけめん」とは?

セブンイレブンの公式サイトでは下記のように記載されておりました。

「中華蕎麦とみ田」の看板メニュー、つけめんを冷凍タイプにしました。3種類の国産小麦に小麦ふすまを加えたコシのある太麺を、濃厚豚骨魚介の奥深い味わいのストレートスープでいただきます。三元豚を使ったトッピングのチャーシューは、肉本来の食感と素材のうま味が感じられます。
引用元:セブンイレブン公式サイト

「とみ田」といえば以前Fooooodでは、同じくセブンイレブンから販売された「中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン(豚骨醤油)」「中華蕎麦とみ田 豚骨魚介まぜそば」「とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷し焼豚つけ麺」をご紹介しましたね。

どれもおいしかったので今回も楽しみです!

セブンイレブンの冷凍食品コーナーにて販売されていた!価格は398円(税込429円)!

冷凍食品「中華蕎麦とみ田つけめん」は、セブンイレブンの冷凍食品コーナーにて販売されておりました。
近くにイトーヨーカドー、ヨークマートが無いので未確認ですが、公式情報によりますとこの2店舗でも順次販売されていくそうです。ちなみにセブンイレブンの公式サイトによりますと沖縄では販売されていないようですのでご注意ください!

気になるお値段ですが398円(税込429円)となっております。

「中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン(豚骨醤油)」「とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷し焼豚つけ麺」に比べると少しお手頃価格になっておりますね!

黒基調の力強いパッケージが目印!

黒基調の力強いパッケージが目印です。

つけ麺の写真も食欲をそそりますね!

麺とチャーシュー、スープ入り!内容量は420gでそのうち300gは麺!

開封してみました。
麺とチャーシュー、スープで別れておりました。

麺は太麺タイプのようですね!
太麺が好きなのでどんな感じか気になります。

ちなみに内容量が420gなのですがそのうち、麺は300gも入っているそうです!
とってもボリューミーですね!

作り方は簡単!調理方法をご紹介!

では、早速作っていきたいと思います。
作り方ですが、基本は電子レンジで温めるだけなので簡単です。
ただ、具付麺(チャーシューと麺)とスープは別々で温めなくてはなりません。
また、麺は流水で冷やす必要があります。

詳しい作り方は以下の通りです。

具付麺(チャーシューと麺)の調理方法

【1】まず、凍ったままの具付麺を具材を上向きにして透明の袋ごとさらに乗せて電子レンジで500Wなら約6分30秒、600Wなら約5分30秒温めます。

【2】温まったら電子レンジから具付麺を取り出して、袋の端を持ち点線に沿ってハサミで開封します。

【3】チャーシューは袋から出して、調理したスープと一緒に皿にを入れます。

【4】【2】で開封した袋は穴が空いているのでそのまま「水切りザル」として使用可能です。ハサミで切った開封場所から水道水を流して麺をよく冷やします。よく水を切ってから器に盛りましょう。

スープの調理方法

【1】袋を開けずに、蒸気口のある面を上にして皿に置き、電子レンジで500Wなら約1分50秒、600Wなら約1分30秒温めます。(蒸気口のある面を下にして温めてしまうと中身が出るそうですので必ず蒸気口のある面を上にしましょう。)

【2】袋がしぼんだことを確認してから皿に袋を乗せたまま取り出し、必ず蒸気口が上になるように持ち上げ、切り口から開封します。

【3】スープを小鉢に移して取り出して置いたチャーシューを入れます。

これで完成です!
具付麺(チャーシューと麺)とスープは別々で温めなくてはならない点温めた麺を水で冷やさなくてはならない点は少し手間ですが、それでもお手軽だと思います。調理中はヤケドなどしないようにご注意くださいね!

麺はかなりの極太麺で小麦ふすま入り!チャーシューは三元豚を使用!スープは濃厚豚骨魚介で食欲をそそる!

基本電子レンジで温めただけなのですが、おいしそうにできました!

麺はやはりかなり極太麺ですね!
ラーメンとうどんの中間ぐらいの太さはありそうです。
焙焼小麦ふすま、脱脂小麦ふすま、脱脂小麦胚芽が使用されているおかげか、小麦色をしております。

具はチャーシューのみではありますが、三元豚が使用されているそうです。
脂が程よく乗っていておいしそうですね。

スープは濃厚なのが見た目にも伝わってきます。
濃厚豚骨魚介ならではの食欲をそそる良い香りがします。

極太麺はモチモチとした食感で食べ応えあり!チャーシューは柔らかくおいしい!濃厚豚骨魚介の味わいがたまらない!

では、早速食べてみたいと思います。
いただきます!

おぉ!おいしいです!

麺は極太麺でモチモチとしております。
以前にご紹介した「とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷し焼豚つけ麺」などのチルド麺に比べると冷凍麺なのでコシを感じます。個人的にはチルド麺よりも冷凍麺の方が好みですね!おいしいし300gというボリューミーな容量も良いですね。

チャーシューは柔らかくて箸でも簡単に切れますし、口に入れると簡単に噛み切れます。
あまからい味付けで程よく脂が乗っていておいしいです。これ単体でも十分価値があります。

肝心のスープですが濃厚豚骨魚介というだけあり、豚骨の旨味、サバやカツオの濃厚な味わいが口いっぱいに広がります。また、かぼす果汁も入っているようで、濃厚ながらも後口がサッパリとしており最後まで飽きることなくおいしく頂けます。

ごちそうさまでした!
味と量ともに大満足の1品でした。
具はチャーシューしかないので、自分で味つけ卵やメンマ、海苔などをトッピングしても良いかもしれませんね。

残ったスープはお好みでお湯で割って飲んでもおいしい!

つけ麺の麺を食べ終わった後のお楽しみといえば、スープをお湯で割って飲むことですよね!

今回は特にパッケージなどには記載されておりませんでしたが、スープにお湯を入れて割って飲んでみました。
お湯の量はお好みでどうぞ。

おいしいですね。
濃厚豚骨魚介の旨味を存分に楽しめます。

まとめ!最後にカロリーや原材料の詳細をご紹介!

とってもおいしかったです!
麺にコシを求めるなら今回ご紹介した冷凍食品「中華蕎麦とみ田つけめん」がオススメですね。
具の豪華さやサッパリ感を重視するなら「とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷し焼豚つけ麺」、ガツンと食べたいなら「中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン(豚骨醤油)」、価格重視ならカップ麺の「中華蕎麦とみ田 豚骨魚介まぜそば」がオススメです。

気になる方は是非、お近くのセブンイレブンにてお買い求めくださいませ。

最後に気になるカロリーや原材料の詳細をご紹介いたします。

商品情報

商品名

とみ田つけめん

名称

ゆで中華めん

価格

398円(税込429円)

原材料名

【めん】小麦粉、焙焼小麦ふすま、脱脂小麦ふすま、食塩、脱脂小麦胚芽/かんすい、着色料(クチナシ)
【スープ】ポークエキス、さばぶしエキス、しょうゆたれ、チキンエキス、チキンオイル、砂糖、だし加工品、調味油脂、混合削りぶし(粉末)、醸造酢、そうだがつおぶし(粉末)、かぼす果汁、食塩、香辛料/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉)、着色料(クチナシ、カカオ)、酸化防止剤(V.E)
【具】煮豚/ゲル化剤(加工でん粉、キサンタン)、トレハロース、着色料(カラメル)、調味料(アミノ酸等)、酸味料、(一部に乳成分・小麦・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

本商品に含まれているアレルゲン
<特定原材料及びそれに準ずるものを表示>

乳成分・小麦・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

内容量

420g(めん300g)

栄養成分表示:1食(420g)当たり(推定)

エネルギー659kcal
たんぱく質24.3g
脂質19.8g
炭水化物95.8g
(糖質 91.1g/食物繊維 4.7g)
食塩相当量3.3g

製造者

株式会社キンレイ

あわせて読みたい記事

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles