トップ / 記事一覧 / イベント・レジャー / プレスリリース / CHAVATYから“安納芋×レモングラス”の濃厚でクリーミーな口溶けに爽やかな香りを絶妙に合わせた『安納芋レモングラスソフトクリーム』が11月17日(金) より販売開始

CHAVATYから“安納芋×レモングラス”の濃厚でクリーミーな口溶けに爽やかな香りを絶妙に合わせた『安納芋レモングラスソフトクリーム』が11月17日(金) より販売開始

2023.11.18by Foooood編集部
更新日:2023.11.18

<冬季限定>焼き芋の甘く香ばしい味わいにレモングラスが爽やかに香る、オリジナルティーソフトクリームが新登場。季節限定の温かなティーメニュー「和栗アールグレイ」も同時販売開始。

株式会社CHAVATY R&C(本社:東京都渋谷区、代表取締役:平川昌紀)が運営する、世界に向けてお茶の魅力を発信するブランド「CHAVATY(チャバティ)」 は、冬季限定のティーソフトクリームとして、有機栽培の「安納芋」とハーブティーの「レモングラス」を合わせた「安納芋レモングラスソフトクリーム」を11月17日(金)  より販売開始いたします。

素材本来の香りや味わいを堪能する、CHAVATYオリジナルのティーソフトクリームから、寒い冬こそ恋しくなる、甘くとろけるような濃厚な味わいの季節限定商品が登場します。五島列島の温暖な気候と豊かな土壌で有機栽培されたさつまいも「安納芋」を使用し、ゆっくりと時間をかけて加熱し引き出される、焼き芋の香ばしさと深みあるコクとねっとりとした蜜芋の甘さを感じる、クリーミーな口溶けに仕上げました。また、CHAVATYのハーブティーの中でも、フレッシュなレモンを感じさせる香り高さで人気の「国産レモングラス」を、素材を丸ごと粉砕して合わせることで、濃厚な味わいの中にすっきりとしたレモンフレーバーがほのかに香る、絶妙な爽やかさを引き出しています。CHAVATYでしか味わうことのできない、冬の特別なソフトクリームを是非お楽しみください。

【商品概要】
◇商品名:安納芋レモングラスソフトクリーム
◇販売価格:税込680円
◇販売日: 2023年11月17日(金)
◇販売店舗:CHAVATY表参道 / CHAVATY嵐山
※単品販売はテイクアウトのみ

Contents

冬季限定ティーメニュー『和栗アールグレイ』も同時販売開始

日本一を誇る栗の生産地、茨城県笠間の栗を鮮度の良さにこだわりペーストにし、栗本来の優しい甘さと、ほっくりとした風味を生かした、冬限定の和栗のティーメニューです。豊かな香りで渋みあるアールグレイと合わせ、ベルガモットが華やかに香り立つ奥深い味わいを、ミルキーに仕上げた温かな一杯となっています。

■『CHAVATY(チャバティ)』について

CHAVATYは世界に向けてお茶の魅力を発信するブランドとして誕生しました。
「Relax&Clear」をブランドコンセプトに掲げ、クオリティーシーズンのウバを使用して一葉一葉大切に丁寧に淹れた「本物志向のティーラテ」をはじめ、独創的なアイディアで新たなお茶の世界観を創り出す「オルタナティー」や、お茶とともに楽しむためのこだわりのスコーンから始まった「スコーンのある生活」の提案など、一杯のお茶から繋がっていく世界とそこから広がる新たな出会いや発見を大切にしながら、CHAVATYで過ごすひとときによって、日常がより豊かにより上質になることを目指しています。

◇HP: http://chavaty.jp/
◇公式インスタグラム:https://www.instagram.com/chavaty_japan

【店舗情報】

名称   :CHAVATY 表参道
住所   :東京都渋谷区神宮前4-6-9 南原宿ビル 1F
最寄駅  :東京メトロ「表参道駅」徒歩5分
営業時間 :10:00-20:00
席数   :30席

名称   :CHAVATY kyoto arashiyama
住所   :京都府京都市右京区嵯峨中ノ島町官有地朝乃家内
最寄駅  :阪急電車 嵐山駅から徒歩5分
営業時間 :10:00-19:00
席数   :33席

■会社概要
会社名:株式会社CHAVATY R&C
代表取締役:平川 昌紀
所在地:東京都渋谷区渋谷一丁目17番2号
設立:2021年(令和3年)7月
事業内容:ティーサロンの経営/紅茶及び関連商品の販売
URL:http://chavaty.jp/

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles

一緒に読まれている記事Articles that are read together