トップ / 記事一覧 / 商品レビュー / 食料品 / 【日清】ついにラ王でも次郎系ラーメン登場!「豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク」!値段やカロリーもご紹介!

【日清】ついにラ王でも次郎系ラーメン登場!「豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク」!値段やカロリーもご紹介!

2020.01.15by Foooood編集部
更新日:2020.01.15

みなさん、こんにちは!Foooood編集部です!

今回は2020年1月13日(月)より新発売の「日清豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク」を実際に食べてみましたのでレビューしていきたいと思います。

また、併せてカロリーや原材料などもご紹介いたします。

Contents

ガツンとにんにく度:

そもそも「日清豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク」とは?

公式サイトには以下のように記載されておりました。

「日清ラ王」史上 “最太”の踊る極太麺、アブラ増し袋が別添で付いた、ハイインパクトなラ王です。突き刺さるガーリックの風味とこってりとした背脂のうまみを抱えた豚骨醤油スープを極太麺で味わう背徳の一杯です。
引用元:日清公式サイト

ついにラ王でも次郎インスパイアのラーメンが登場ということで期待が高鳴ります!

全国のコンビニ、スーパー、ネットショップなどで販売!お値段は368円 (税別)!

今回はコンビニで購入いたしました。
手っ取り早く手に入れたい場合はネットショップをご利用いただければ簡単です。

他のラ王シリーズはお値段230円 (税別)ほどであるのに対して、豚ラ王は368円 (税別)なので内容にも期待してしまいます!

豚のシルエットが入ったロゴが印象的!

黄色基調でジャンキーな印象のパッケージですね!
ロゴの豚のシルエットがいい感じです!

麺はノンフライ極太麺!そしてアブラ増し袋!?

麺はお湯を入れる前からこんなに太いです。

中にはかやく、液体スープ、焼豚、アブラ増し袋の4袋入っておりました。

アブラ増し袋は温めてはいけないので要注意です!
液体スープは蓋の上に乗せて温めておきます。

熱湯を注いで5分後、液体スープとアブラ増し袋を入れて出来上がり!

かやくと焼豚を乗せてお湯を注ぎ5分経ちました!

液体スープを入れ、アブラ増し袋を入れた状態がこちら!
焼豚の横の白い塊は全てアブラです!

液体スープを入れるとニンニクの香りが漂ってきます。

ニンニクとアブラがガツンと効いているけどペロリと食べられる!

では、早速いただきます!

まずはアブラを混ぜないで食べてみます。

麺が極太麺で食べ応えがすごいです!

あと、ニンニクがガツンと効いています!
ニンニクが好きな方は美味しいと思います。

次にアブラをスープに馴染ませて食べてみます。

美味しい!
特に臭みもなくまろやかな感じ
です。
思っていたよりもペロリと食べられそうです。

野菜のキャベツも予想以上に入っていて、しかも結構美味しいですよ!

お楽しみの焼豚を頂いてみます。

なかなかいけます!
味もしっかりついていて美味しい!

まとめ!最後にカロリーや原材料の詳細をご紹介!

いかがだったでしょうか?

カップラーメンにしては少しお値段が高めですが、次郎系ラーメンの気分を十分に感じられる一品だと思います。
ガッツリとしたラーメンが食べたいときにはかなりおすすめです!

ただ、ニンニクの匂いがかなりきついので時と場所を選ぶ必要があるかもしれませんね。

商品情報

商品名

日清豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク

名称

即席カップめん

ファミリーマート通常価格

368円(税込397円)
※本商品は軽減税率対象商品になります。
税率8%の価格を掲載しております。

内容量

139g

原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、植物油脂、大豆植物繊維、チキンエキス)、スープ(しょうゆ、豚脂、ポークエキス、香辛料、もやし調味油、たん白加水分解物、食塩、糖類)、かやく(キャベツ、チャーシュー、にんにく)/酒精、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、リン酸Ca、増粘多糖類、かんすい、香料、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

アレルゲン情報

小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆

栄養成分表示 1個当り

熱量504kcal
たんぱく質13.4g
脂質19.3g
炭水化物69.1g
食塩相当量7.5g
(めん・かやく2.8g、スープ4.7g)
ビタミンB10.29mg
ビタミンB20.29mg
カルシウム235mg

製造者

日清食品株式会社

あわせて読みたい記事

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles

一緒に読まれている記事Articles that are read together