トップ / 記事一覧 / イベント・レジャー / プレスリリース / 【ドトールコーヒー】昨年大好評の限定豆の販売が今年も! 2023年焙煎初日のコーヒー「初釜」をお届けします 12月8日(木)より200セット限定で予約開始

【ドトールコーヒー】昨年大好評の限定豆の販売が今年も! 2023年焙煎初日のコーヒー「初釜」をお届けします 12月8日(木)より200セット限定で予約開始

2022.12.09by Foooood編集部
更新日:2022.12.08

株式会社ドトールコーヒー(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:星野 正則)は、2023年を迎えて初めて釜に火を入れて焙煎したコーヒーのセット『「初釜」オンラインショップ数量限定セット』を公式通販サイト「ドトール オンラインショップ」にて、2022年12月8日(木)よりWEB予約受付を開始いたします。昨年は予約開始とともに即完売になる程の反響をいただき、今年は昨年の倍の“200セット”をご用意しました。
直火焙煎を採用するドトールコーヒーでは、新たな年を迎え、初めて焙煎釜に火を入れる焙煎初日の「初釜」コーヒーを、“心を改め、今年一年お客様においしいコーヒーをお届けする”という想いを込めて焙煎しております。 年に一度の、この特別なコーヒーをお客様に味わっていただきたく、新年にふさわしい2種類のコーヒーのセットをご用意しました。お客様への感謝の想いを込めて、一つ一つ丁寧に包装してお届けいたします。

商品名:「初釜」オンラインショップ数量限定セット
価  格:3,900円(税込・送料込)

【セット内容】
▪初釜 自社農園豆100%使用 ハワイコナ(豆)<内容量>100g
▪初釜 最高等級豆100%使用 ブルーマウンテンブレンド(豆)<内容量>100g
▪お干菓子(和三盆)<内容量>3個

予約サイト:https://onlineshop.doutor.co.jp
予約期間:2022年12月8日(木)~12月25日(日)
発 送 日:第1回 2023年1月7日(土)…100セット発送
第2回 2023年1月10日(火)…100セット発送
※鮮度と風味を保つために、豆は挽かずにお届けします。
※予約注文にて承ります。予定数量に達した場合、承り期間中でも受付を終了することがあります。
※当商品は、ヤマト運輸のネコポス(ポスト投函)にてお届けいたします。2023年1月7日以降に発送いたします。
お届け日時は指定できません。

Contents

■初釜 自社農園豆100%使用 ハワイコナ(豆)

<内容量>100g
<商品特徴>
ハワイ島コナ地区にあるドトールコーヒーの自社農園で栽培されたコナコーヒーを100%使用しました。
深く豊かな香りとコク、酸味を抑えたすっきりとした苦味、芳醇なアロマを閉じ込めたコナコーヒーの逸品で、満ち足りた至福の時間をお過ごしください。

■初釜 最高等級豆100%使用 ブルーマウンテンブレンド(豆)

<内容量>100g
<商品特徴>
1月9日は、「ブルーマウンテン」の日として制定されています。
記念日を祝して、ジャマイカ ブルーマウンテンNo.1をはじめ、エルサルバドルSHG(ゲイシャ種)、エチオピア イルガチェフェ G1という各生産国の最高等級豆だけを贅沢に使用しました。
華やかで上品な味わいをお楽しみください。

包材について
今回お届けする商品には、コーヒー豆から発生するガスを抜く特殊なシール加工「TiMELESS®」※、紙製バリア素材「バリコート」と、生分解性樹脂「BioPBS™」を施した、環境に配慮したパッケージ「asueco」(ナカバヤシ株式会社)を採用しています。

※ 「TiMELESS®」は、株式会社MIBが開発した技術です。(特許出願中)

関連ウェブサイト
株式会社ドトールコーヒーウェブサイト:https://www.doutor.co.jp/
ブランドサイト:http://www.doutor.co.jp/dcs/
公式通販サイト「ドトール オンラインショップ」: https://onlineshop.doutor.co.jp
公式フェイスブック:https://www.facebook.com/Fun.Doutor.Fan/
公式Twitter: https://twitter.com/DoutorCoffee_co
公式Instagram:https://instagram.com/doutor_coffee_official

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles

一緒に読まれている記事Articles that are read together