トップ / 記事一覧 / イベント・レジャー / プレスリリース / 冬季限定北海道スイーツ「SNOWS(スノー)」が、東京で、今シーズン初の期間限定ショップをオープン! 高島屋日本橋店にて11/30(水)、東武百貨店池袋本店にて12/15(木)からスタート

冬季限定北海道スイーツ「SNOWS(スノー)」が、東京で、今シーズン初の期間限定ショップをオープン! 高島屋日本橋店にて11/30(水)、東武百貨店池袋本店にて12/15(木)からスタート

2022.11.30by Foooood編集部
更新日:2022.11.30

~懐かしの北海道土産をアップデートしたミルクバター飴が新登場するほか、“スノーサンド年末年始限定缶”を販売開始~

 株式会社COC(代表取締役:長沼真太郎、本社:北海道札幌市)は、冬季限定北海道スイーツ「SNOWS(スノー)」のショップを11月30日(水)より高島屋日本橋店にて、12月15日(木)より東武百貨店池袋本店にて期間限定で出店いたします。
店頭では、先シーズン、バレンタインに限定販売して1分で完売した“スノーボール” や、先シーズン累計で約250万枚を販売した“スノーサンド”などを販売します。また、高島屋日本橋店では、冬の放牧牛乳をたっぷり使ったミルクバター飴「雪ひとつ」や、スノーサンドの年末年始限定缶が登場します。

  • 《LINE UP》期間限定ショップでのお取り扱い商品
  • NEW・SNOWSが、懐かしの北海道土産バター飴を、より美味しくアップデート!

北海道・札幌の「洋菓子きのとや」が手がける冬季限定のお菓子「SNOWS(スノー)」は、お菓子の原材料に徹底的にこだわり、北海道ならではの質の良い原材料を生かした商品作りをしています。
SNOWSのお菓子に欠かせない 原材料の牛乳は、北海道日高町に ある直営の牧場で伸び伸びと育った牛から搾った牛乳を使用しています。 その牛乳は、脂肪分が高く、濃厚で風味豊かです。冬の放牧酪農牛乳をふんだんに使ったミルクバター飴が新登場します。 バターの芳醇な香り、冬の放牧ミルクのコクをお楽しみください。

 

まろやかな白いくちどけのミルクバター飴「雪ひとつ」

北海道土産の定番「バター飴」が、冬の放牧牛乳によって新登場。濃厚で旨みたっぷりとなる冬に搾った放牧牛乳をたっぷり入れた、芳醇なバターが溶け合うミルクバター飴。飴にまとった全脂粉乳がミルクの風味を一層引き立て、まろやかな味わいです。バター飴を象徴するフェルトのパッケージもポイントです。

【商品名】雪ひとつ(ミルクバター飴)
【内容量】100g
【価 格】540円(税込)
【賞味期限】北海道の工場の製造日より1年
【販売開始】2022年11月30日(水)から
※新千歳空港での販売は12月1日(木)から

Contents

北海道で作られる冬の風味豊かで濃厚な放牧牛乳を使用した新食感の生チョコレートサンドクッキー 「 SNOW SAND(スノーサンド)」年末年始を彩る華やかな限定缶をご用意

濃厚でコクのある冬の放牧牛乳を使って仕上げた生チョコレートは、ミルクの風味が感じられるリッチな味わいが特徴。
熱した鉄板で挟み焼きすることで生まれるラングドシャクッキーの香ばしいカリカリ感と、生チョコレートのなめらかさの両方を実現した、新しい食感の生チョコレートサンドクッキー。放牧酪農の健やかな牛たちから搾れる牛乳は、寒い冬に脂肪分が⾼く濃厚なコクがあり、チョコレートに深い味わいを加えています。
高島屋日本橋店では、12月14日(水)からスノーサンド16個入 年末年始限定缶を発売いたします。年末年始のご挨拶や贈り物、手土産に、心も華やぐようなデザインのスノーサンドはいかがでしょうか。

 

年末年始限定缶

「スノーサンド」
【内容量/価格】・ 5個入(白/黒)各918円(税込)
・8個入(白/黒)各1,647円(税込)
・16個入(白と黒 各8個入)3,240円(税込)
・16個入(白と黒 各8個入)3,348円(税込) 《年末年始限定缶》
【賞味期限】北海道の工場の製造日より14日

生クリームを生チョコレートで包んだ生トリュフチョコレート「SNOW BALL(スノーボール)」

北海道の素材のおいしさをそのまま詰め込んだ、ふたつの生を一緒に楽しめる“ダブル生”スイーツ。まろやかな北海道産生クリームを生チョコレートでコーティングした、冬のミルクの香りとコクを味わう生トリュフチョコレートです。作りたてを冷凍することで、北海道のフレッシュな素材の味をそのまま楽しむことができます。

「スノーボール」
【内容量/価格】9個入 1,458円(税込)
【賞味期限】北海道の工場の製造日より冷凍で90日

ザクザクとふんわり、2つの食感を楽しめるバームクーヘン「森ノ幹・白」

ザクザクとふんわりを楽しめる新食感のバームクーヘン。
2種類のバターと、濃厚でコクのある冬の放牧牛乳を使い、一層一層丁寧にふんわりと焼き上げました。外側は繊細なマカロン生地をかけ二度焼きすることで、2つの食感を同時に楽しめるハイブリットスイーツです。
ミニギフトとして贈りやすい、食べきりサイズ(1本)が新登場。

 

「森ノ幹・白」
【内容量/価格】・1株 2,268円(税込)
・1本 972円(税込)*NEW
【賞味期限】北海道の工場の製造日より16日

バター香るパイを刻んで混ぜ込んだ、ザクザク食感のバターミルクチョコレート「森ノ木」

バターをたっぷり使ったパイ生地を香り豊かなチョコレートに閉じ込めた、ザクザク食感が楽しめる、贅沢を詰め込んだ濃厚なバターミルクチョコレート。

「森ノ木」
【内容量/価格】10本入 1,080円(税込)
【賞味期限】北海道の工場の製造日より60日

素材へのこだわりや循環

SNOWSのお菓子は、直営の放牧酪農で搾乳した牛乳などを使用し、北海道の原材料にこだわったお菓子づくりが特徴です。
スノーサンドに使用している生チョコレートは、冬の寒さにより脂肪分をたっぷりと蓄えた放牧酪農牛乳を使用することで、濃厚なコクが生まれ、チョコレートが深い味わいとなります。
グループの養鶏場では、鶏の飼料に自社グループ内で廃棄される菓子くずを少し加えることで、風味豊かな美味しい卵になりました。さらに、その鶏の糞をたい肥にし、放牧酪農牧場の牧草の肥料にすることで草が育ち、牛が食べて、牛からいい牛乳が搾れ、お菓子になります。再活用・循環させることで、材料が無駄にならないように取り組んでいます。

パッケージへのこだわり

SNOWSはお菓子だけでなく、パッケージにもこだわりが詰まっています。雪と山を想起させ、懐かしさを感じさせるパッケージは、“山の版画家”大谷一良さんの作品を使用。冬に北海道からやってくるブランドとして、北海道の冬や雪を象徴するイメージを探し、大谷さんの作品に出会い、パッケージに採用させていただきました。パッケージ単体のデザインだけではなく、ブランド全体でSNOWSの世界観を作り上げています。

大谷 一良(おおたに かずよし):
1933年東京生まれ。’57年東京外国語大学スペイン語科卒業。 総合商社の勤めを終え、’96年よりフリーの版画家。この間、 畦地梅太郎氏に私淑、「アルプ」をはじめ「まいんべるく」 「山と渓谷」「心」「岳人」などに表紙画やカット、文章を発表。’80年代から個展や共同展を毎年のように開催。著書に 「山のかけら」「山の絵葉書」「風のディヴェルティメント」 など、共著に「山のABC」「忘れ得ぬ山」など多数。山岳関連書の装丁・装画も数多く手がけた。 (1933-2014)

BRAND情報

- SNOWSとは -
北海道の「洋菓子店きのとや」から誕生した冬季限定のお菓子。
ラングドシャクッキーのカリカリ感と、放牧牛乳の美味しさを最大限に生かした生チョコレートのなめらかさの両方を実現した“スノーサンド”、生クリームを生チョコレートで包んだ生トリュフチョコレート “スノーボール”など北海道発の特別なスイーツをラインナップ。
- - - - - - -
2021年1月にスノーサンドがローンチ。札幌・東京・横浜で期間限定のスノーサンドショップを出店し、販売期間2か月間でスノーサンドを合計50万枚以上販売。2021年11月より、“森ノ幹”や“スノーボール”といったラインナップを増やし、東京や大阪に出店した際には、約2時間待ちの大行列ができるなど、大きな話題を作り注目されました。名古屋初出店時は、ジェイアール名古屋タカシマヤで開催されたチョコレートの祭典「アムール・デュ・ショコラ2022」に参加し、初登場で最高4位にランクイン。
さらに昨シーズン(2021年11月~2022年3月末)、スノーサンドは、累計で約250万枚を販売し、北海道・新千歳空港内のお土産ショップ内「商品別月間売上ランキング」で1位を獲得するなど、北海道の新定番スイーツとして成長しています。

■ブランド名:SNOWS(スノー)
■販売期間 :冬季限定(2022年11月1日~2023年3月31日予定)
■公式サイト: https://snows-winter.com
■公式SNSアカウント
Instagram :@snows_jp    (https://www.instagram.com/snows_jp/
LINE         :@snows_jp    (https://lin.ee/QLnenBS
Twitter      :@SNOWS_JP (https://twitter.com/SNOWS_JP

※「SNOWS(スノー)」商品は「きのとや」店舗ではお取り扱いがございません。

会社情報
■名 称 :株式会社COC
■所在地 :北海道札幌市中央区北2条西10丁目2-7
■設 立 :2005年11月24日
■代表者 :代表取締役 長沼 真太郎

北海道コンフェクトグループ
株式会社きのとや、千秋庵製菓株式会社、Kコンフェクト株式会社、株式会社COC、株式会社ユートピアアグリカルチャー、株式会社木野商事からなる北海道コンフェクトグループ。北海道発の“おいしいお菓子”を発信していきます。
https://www.hokkaido-confect.com

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles

一緒に読まれている記事Articles that are read together