トップ / 記事一覧 / イベント・レジャー / プレスリリース / ポッカサッポロの大人気カップ入りスープと初コラボが実現! 『マイクポップコーン じっくりコトコトこんがりパン濃厚コーンポタージュ味』2022年10月24日(月)より発売開始

ポッカサッポロの大人気カップ入りスープと初コラボが実現! 『マイクポップコーン じっくりコトコトこんがりパン濃厚コーンポタージュ味』2022年10月24日(月)より発売開始

2022.10.12by Foooood編集部
更新日:2022.10.12

~スィートコーンの甘みが溶け込んだ濃厚なスープと香ばしいこんがりパンの味わいを再現~

2022年3月に発表した新戦略「バリュエティスナック」を軸にスナック菓子を製造・販売するジャパンフリトレー株式会社(カルビーグループ、本社:茨城県古河市、代表取締役社長:松田 光弘)は、ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:征矢 真一)の「じっくりコトコト こんがりパン濃厚コーンポタージュ」とコラボレーションした『マイクポップコーン じっくりコトコトこんがりパン濃厚コーンポタージュ味』を、2022年10月24日(月)より全国にて発売します。


2022年で発売20周年を迎えるカップスープ市場売上NO.1(※1)の「じっくりコトコト こんがりパン濃厚コーンポタージュ」と、発売65周年を迎えるポップコーン市場売上NO.1(※2)の「マイクポップコーン」の、市場売上NO.1同士の初コラボレーションが実現しました。
本商品は、「じっくりコトコト こんがりパン濃厚コーンポタージュ」の、スィートコーンの甘みが詰まったスープと、「じっくりコトコト こんがりパンシリーズ」の特徴である「こんがりパン」の香ばしい風味を再現しました。濃厚なコーンポタージュを彷彿させるような心暖まる甘さとパンの香ばしさを、サクッとした食感のポップコーンで楽しみください。
(※1)インテージSRI+調べ カップ入りインスタントスープ市場 2021年1月~2021年12月 推計販売規模(金額)
全国 全業態 じっくりコトコトこんがりパン コーンポタージュ
(※2)スナック カテゴリー ポップコーン市場 販売金額(累計)インテージ SRI(2001 年 4月~2020 年 3月)

Contents

■『マイクポップコーン じっくりコトコトこんがりパン濃厚コーンポタージュ味』 【商品特徴】

① スィートコーンの甘みとクリーミーな味わいが楽しめる
② 袋を開けた瞬間にふわっと広がる、ローストした小麦粉を使用した「こんがりパン」の香り
③ オニオンエキスとチキンエキスを加え、溶け込んだ素材感を表現

■開発エピソード

味開発では、コラボ元の商品の美味しさの秘訣、こだわりをどのようにポップコーンへ落とし込んだら良いか、両社開発同士で意見を重ねました。その中で、最もポイントになったのは「こんがりパン」の再現についてです。焦がしたバターの風味付け、パン粉添加等、再現方法を検討した結果、焙炒した小麦粉を使用することで本家のような香ばしさを実現する事ができました。

【商品規格】

商品名:『マイクポップコーン じっくりコトコトこんがりパン濃厚コーンポタージュ味』

内容量(エネルギー)希望小売価格発売日販売エリア
45g(1袋当たり230kcal)オープン価格2022年10月24日(月)全国
(コンビニエンスストアを除く)

■「じっくりコトコト こんがりパンシリーズ」について

「じっくりコトコト こんがりパンシリーズ」は、素材が溶け込んだ濃厚なスープに、こんがり焼き上げたこんがりパンが入った、ランチシーンにぴったりの食べ応えと満足感のあるカップ入りスープです。2002年に発売を開始し、2022年で発売20周年を迎えます。

■「マイクポップコーン」について

「マイクポップコーン」は1957年に日本初のポップコーンブランドとして誕生し、今年65周年を迎えました。ブランド化されたポップコーンとして最も歴史が古く、お菓子の定番アイテムとしての地位を日本市場に確立しました。長きに渡り愛され続けるロングセラー商品「バターしょうゆ味」(1983年発売)の他、2022年8月29日に発売した“「塩味とうま味」の絶妙な黄金比”を採用した新定番商品「マイクポップコーン オリジナル 極みだし味」など、今まで、数々のオリジナルフレーバーやコラボ商品を世に送り出しています。
URL:http://www.fritolay.co.jp/ourbrands/mike/

■ポップコーンは食物繊維が豊富に含まれている食品

一般的に食物繊維が多いと言われている食品と比べても、ポップコーンには豊富な食物繊維が含まれていることが分かっています。(※図1)消費者の健康需要の高まりも関係し、ポップコーン市場は2018年度対比で123%(※3)と伸長しています。
(※図1)日本食品標準成分表2020年版(八訂) 可食部100g当たり
ポップコーン・ごぼう(ゆで)・さつまいも(皮つき/蒸し)・玄米(めし)・レタス(結球葉/生)・バナナ(生)
(※3)インテージ SRI+ スナック菓子トータル市場・ポップコーン市場 推計販売規模 (金額)(2018年4月~2022年3月)

■ Valuety snack(バリュエティスナック)について

「バリュー(価値)」+「バラエティ」を組み合わせた、ジャパンフリトレーが掲げる新戦略です。ライフスタイルの変化とともに食生活が多様化する中、ジャパンフリトレーはお客様の価値観に寄り添い、スナック菓子に新たな価値をプラスした「thesnack」「snack food」「fine snack」の3つをテーマとして、ひとつ上のわくわくを提供します。

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles

一緒に読まれている記事Articles that are read together