トップ / 記事一覧 / 商品レビュー / 食料品 / 【業務スーパー】人気商品やわらか煮豚が美味しい!カロリーや賞味期限などもご紹介!

【業務スーパー】人気商品やわらか煮豚が美味しい!カロリーや賞味期限などもご紹介!

2019.06.09by Foooood編集部
更新日:2019.06.08

みなさん、こんにちは!Foooood編集部です!

今回は業務スーパーで美味しいと評判の「やわらか煮豚」を実際に食べてみましたのでレビューしていきます!
この商品人気すぎて近所の業務スーパーで常に売り切れていたのですが先日再び訪れたら入荷されていますたので、即購入しました!

併せて気になるカロリーや原材料もチェックしていきますね!

Contents

お手軽なのに美味しい度:

600gの大容量なのに460円(税別)!

業務スーパーの「やわらか煮豚」600gという大容量にも関わらず、お値段は460円(税別)なのです。
業務スーパーにしては460円(税別)って結構良いお値段だな〜と思っていたのですが、100gあたり約76円(税別)になります。

しかも、すでに味付けされているので後はレンジか湯せんで温めるだけ!
これはどう考えても安いし、お手軽ですよね!

1袋に大きなブロックが2個と小さなブロックが1個入っていました!
グラムでの売り方なので袋によっては個数がかわってくるようです。
大体2~3個入りだと思われます。

安心の国内製造!業務スーパーでおなじみの宮城製粉株式会社が製造!

パッケージには【国内製造】と記載されております。
口にするものだからこそ、安いと言えど国内製造だと安心感がありますよね。

製造者は、業務スーパーではおなじみの宮城製粉株式会社だそうです。
宮城製粉株式会社と言えば、同じく業務スーパー商品のチューロス(チュロス)や冷凍のぷち大福なども有名ですよね。「やわらか煮豚」も手がけているなんて知りませんでした!

原材料は豚タンルートを使用!

てっきり豚バラを使用しているのかな?と思い込んでいたのですが、原材料を確認すると豚タンルートを使用しているそうです。

豚タンルートとは、その名の通り豚のタン(舌)の根元裏側部分のことです。
あまり豚タンルートを食べる機会がないので、どんな感じか楽しみですね!

封を切らなければ購入してから約2ヵ月半は持つ!ただし要冷蔵!

ちなみに2019年5月25日に購入したのですが、賞味期限(未開封時)なら2019年8月8日まで持つようです。
なので約2ヵ月半は持つようです。意外に長持ちですね!

ただし、要冷蔵、未開封時の場合ですので、なるべく早く食べきるようにしましょう!

加熱する前に食べやすいサイズに切っておくのがオススメ!

個人的にこの「やわらか煮豚」は、温める前に食べやすい大きさに切っておくのがオススメです。
温めてしまうと脂がとけて柔らかくなり切りにくかったからです。
冷たい時だとかなり切りやすいですよ。

1ボロックだけでも結構なボリュームですね!
ちょっと脂身が多い気もしますが個人的には許容範囲内です。
ただ、もしかすると個体差があるのかもしれません。

温め方は湯せんか電子レンジの2種類!

この「やわらか煮豚」は2種類の温め方があります。

湯せんする場合

封を切らずにそのまま熱湯の中に入れ、約5分温めます。

電子レンジ(500W)で温める場合

封を開け中身を深めの耐熱皿に移し、ラップをかけて約3分温めます。

1度に食べきレない場合は、断然電子レンジがオススメです。
私も数回に分けて食べる予定だったので、電子レンジ調理にしました。
温める際は、煮こごり状になっている煮汁も忘れずに一緒に温めましょう!

食べる分だけ温めて、残りはタッパーに入れて冷蔵庫で保存しましたよ。
封を切ってしまったらなるべく早めに食べ切ってしまいましょうね!

まずは定番のやわらか煮豚丼!甘辛い味付けの中に香辛料のピリ辛さもあり万人受けする味わい!

温かい白ご飯の上に食べやすい厚さにスライスした「やわらか煮豚」を乗せるだけで完成です!
お好みで温泉たまごや白髪ねぎ、紅ショウガなどをトッピングすればさらに美味しくなりますよ!
それと、煮汁もご飯にかけておくとグッと味わいが豊かになります。

では、いただきます!

脂の部分がトロトロで美味しいです!赤身もしっかりと肉感がありますね!
でも、全体的に柔らかくてかなり満足感が高いです。
豚タンルート使用ですが、コリコリした食感ではなくイメージとしては豚バラブロックの角煮に近い気がします。

上手に味付けされており、甘辛く万人受けする美味しさです。
少し唐辛子のようなピリ辛さを感じました。
よく見ると赤い粒が確認できたのと原材料にも香辛料が入っているので、やはり何かしら辛いスパイスが入っているようです。個人的には唐辛子かな?と感じました。

でも、激辛ではないので食べやすいし、むしろ良いアクセントになっていますね。
とは言え、辛いものが苦手な方はご注意くださいね!

煮汁でゆで卵をつけてみました

煮汁ももったいないので、この煮汁を利用して味付けたまごに挑戦してみることにしました。
お好みの硬さのゆで卵を殻を剥いて煮汁と一緒に袋に入れて冷蔵庫で寝かすだけです。

1日目だと表面だけ使った状態です。
2日目は優しく味が黄身まで染み込んでいました!
麺つゆなどのようにガッツリした味付けたまごにはなりませんでしたが、個人的にこれはこれでアリです。

ラーメンに入れても間違いなく美味しい!

こちらもド定番ですが「やわらか煮豚」をラーメンに入れてみました。
今回は大好きな豚骨醤油ラーメンに入れております。

では、いただきます!
うん!間違いなく美味しいですね!

スープの熱で「やわらか煮豚」がさらにトロトロになります。
また、丼アレンジで食べた時よりもピリ辛さが抑えられたように感じました。
「やわらか煮豚」を丼アレンジやそのままで食べてみて辛いなと感じた方は、ラーメンに入れるとマイルドになって食べやすいかと思いますよ。ぜひ、お試しください。

まとめ!最後にカロリーや原材料をご紹介!

とっても美味しくて、3日間でペロリと食べ切ってしまいました!

いつものラーメンや白ご飯に乗せるだけでちょっと豪華になりますよ。おつまみにも良さそうです。
勿論工夫次第で色々アレンジもできますし、封を切らなければ割と長持ちなのであると便利だと思います。

人気商品なのも頷けますね。
気になる方はぜひ、お近くの業務スーパーでお買い求めくださいね!

最後に気になるカロリーや原材料をご紹介します。

商品情報

商品名

やわらか煮豚

販売価格

460円(税別)

名称

豚タンルート煮

原材料

豚タンルート、砂糖、しょうゆ、発酵調味料、食塩、醸造酢、香辛料/調味料(アミノ酸)、カラメル色素、甘味料(ソルビトール、アセスルファムK)、増粘剤(キサンタン)、酸味料、(一部に小麦・大豆・豚肉を含む)

内容量

600g

栄養成分表示(推定値)100g当たり

エネルギー209kcal
たんぱく質15.0g
脂質14.7g
炭水化物4.4g
食塩相当量1.6g

製造者

宮崎製粉株式会社

あわせて読みたい記事

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles