トップ / 記事一覧 / イベント・レジャー / プレスリリース / 【2月22日(金)より期間・数量限定】カラフルなフレーバーを透明なスリムボトルに詰め込んだギフト BOX が初登場!「Garrett BAR アソート BOX」がスタイリッシュでオシャレ!贈り物にも良さそう!

【2月22日(金)より期間・数量限定】カラフルなフレーバーを透明なスリムボトルに詰め込んだギフト BOX が初登場!「Garrett BAR アソート BOX」がスタイリッシュでオシャレ!贈り物にも良さそう!

2019.02.20by Foooood編集部
更新日:2019.02.20

Garrett Japan合同会社(本社:東京都新宿区、代表社員:Lance Chody)が運営する、アメリカ・シカゴ生まれの老舗グルメポップコーン・ブランド「ギャレット ポップコーン ショップス®」は、キャラメルの深いコクとほろ苦さが特徴の「キャラメルクリスプ TM」をチョコレートでフルコーティングした限定フレーバー4 種(ミルクチョコ/ホワイトチョコ/ストロベリー/抹茶)を透明なボトルに詰めこんだ「Garrett BAR」を2019年2月22日(金)より期間限定で発売します。

また、3種のフレーバー(ミルクチョコ、ストロベリー、抹茶)を「Garret BAR」よりもコンパクトなスリムボトルに詰めこんだギフトBOX「Garrett BAR アソート BOX」も同日より期間・数量限定で発売します。

Contents

1つで3つの味が楽しめる!3種の限定フレーバーを、スリムボトルに入れたオリジナルギフトBOX!

3種のカラフルな限定フレーバー(ミルクチョコ、ストロベリー、抹茶) をコンパクトサイズの透明なスリムボトルに詰め込んだギフトBOX「Garrett BAR アソートBOX」が2019年2月22日(金)より登場します。

中のフレーバーは、キャラメルの深いコクとほろ苦さが特徴の「キャラメルクリスプTM」をミルクチョコ、ストロベリー、抹茶の3種類のチョコレートでフルコーティングしています。
口溶けがなめらかなチョコレートと、カリカリとした食感のキャラメルクリスプが絶妙にマッチした贅沢な味わいです。

お手頃価格で食べきりサイズなので、自分へのご褒美用としてだけでなく、大切な人や友人とシェアしたり、ホワイトデーのギフトや入学・進学・引っ越し・出産・結婚などのお祝い事の際のプチギフトとしてもおすすめです。

選んで楽しい!味わって楽しい!4種の「Garrett BAR」を単品でも発売!

「Garrett BAR アソートBOX」だけではなく、4種の「Garrett BAR」(ミルクチョコ/ホワイトチョコ/ストロベリー/抹茶)を単品でも同日2月22日(金)より期間限定で発売します。ホワイトチョコは単品のみの発売となります。

見ているだけで楽しくなるようなカラフルさとフレーバーを選ぶワクワク感が、胸を高鳴らせるプレミアムギフトです。

発売期間

名古屋店、ららぽーとEXPOCITY店

2019年2月22日(金)~3月14日(木)予定
※ららぽーとEXPOCITY店のみ、Garrett BAR アソートBOXの販売期間は2019年3月9日(土)~3月14日(木)となります。

原宿店、東京駅店、酒々井プレミアム・アウトレット店

2019年2月23日(土)~3月14日(木)予定

価格

・Garrett BAR アソートBOX(ミルクチョコ、ストロベリー、抹茶):1,800円(税込)
・Garrett BAR(ミルクチョコ/ホワイトチョコ/ストロベリー/抹茶):各900円(税込)

展開店舗

ギャレット ポップコーン ショップス® 全店舗
※一日の販売数には限りがあります。なくなり次第、終了とさせていただきます。

「ギャレット ポップコーン ショップス®」は、1949年アメリカのシカゴで創業し、65年以上3世代にわたり伝承されてきた秘伝のファミリーレシピと手づくり製法にこだわった、ちょっと贅沢でグルメなポップコーン・ブランドです。

全米では16店舗を展開するほか、シンガポール、香港、UAE、マレーシア、タイ、韓国と合わせて約55店舗を展開しており、世界中で多くの方に愛されています。

まとめ

コンパクトサイズの透明なスリムボトルがスタイリッシュでオシャレです。
シンプルなデザインなので男女問わず贈り物に喜ばれそうですし、今の時期ならホワイトデーのお返しにも良さそうですね!
期間・数量限定ですので、気になる方はお早めにどうぞ!!

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles

一緒に読まれている記事Articles that are read together