トップ / 記事一覧 / イベント・レジャー / プレスリリース / 完全栄養食のパイオニア「BASE FOOD」、シリーズ累計販売数5,000万袋突破! ~2017年の発売開始から約5年で会員数は30万人に~

完全栄養食のパイオニア「BASE FOOD」、シリーズ累計販売数5,000万袋突破! ~2017年の発売開始から約5年で会員数は30万人に~

2022.06.29by Foooood編集部
更新日:2022.06.29

完全栄養食のパイオニアであるベースフード株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:橋本舜、https://basefood.co.jp)は、1食で33種類の栄養素がすべてとれる完全栄養食※1「BASE FOOD」シリーズ(BASE PASTA、BASE BREAD、BASE Cookies)の累計販売数が、5,000万袋を突破したことをお知らせします。また会員数※2は、2022年5月末時点で30万人を超えました。

Contents

2020年以降商品ラインナップは4倍に拡充。実店舗販売は14,000店舗に!

完全栄養食「BASE FOOD」シリーズは、毎日栄養バランスを考えた食事を用意することが大変な忙しい現代人の生活スタイルにマッチし、発売開始以降順調に販売数を伸ばしてきました。
2020年以降は商品ラインナップが大幅に拡充し、また実店舗での販売も開始したことで販売数を大きく伸ばすきっかけになっています。直近では、今年5月24日に新発売した「BASE BREAD ミニ食パン・プレーン」が、発売開始3週間で10万袋以上を売上げており、子供も食べやすい味・サイズということもあり、子供をもつ家庭までユーザー層を広げることにも繋がっています。
また、2020年以降はコンビニを中心に実店舗での販売も拡大し、2022年6月末時点で14,000店舗を展開しています。実店舗では1袋から手軽に購入できるので、それが定期購入申し込みのきっかけにも繋がっており、2022年5月末時点での会員数は30万人を超えています。

BASE FOOD 定期購入イメージ

完全栄養食「BASE FOOD」とは?

「BASE FOOD」は、たんぱく質や食物繊維、26種類のビタミン・ミネラルなど1食に必要な33種類の栄養素がすべてとれる完全栄養食です。全粒粉や大豆、チアシードなど厳選した10種類以上の原材料を使用しながら、栄養バランスとおいしさを独自のテクノロジーを使った配合と製法により実現しています。糖質は約30%オフ※3、すべての商品に合成着色料、合成保存料は一切使用していません。

BASE FOOD シリーズ 全商品ラインナップ

ベースフード株式会社 概要

「主食をイノベーションし、健康をあたりまえに」をミッションに、2016年にスタートしたフードテック企業です。「かんたん・おいしい・からだにいい」のすべてをかなえるあたらしい主食を開発し、ベースフードが「健康のインフラ」のような存在になることで、すべての人が食事をたのしみながら、健康があたりまえになる社会の実現を目指しています。

設立        :   2016年4月5日
本社        :   東京都目黒区中目黒5-25-2
代表者     :   橋本舜
事業内容  :   完全栄養食の開発・製造・販売
HP          :   https://basefood.co.jp

※1 1食で、栄養素等表示基準値に基づき、過剰摂取が懸念される脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量 を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。
※2 2017年2月~2022年5月末時点までの累計会員数。
※3 日本食品標準成分表 2015 年版(七訂)より、BASE BREADはロールパン、BASE PASTAは中華めん(生)、BASE Cookiesは菓子類/ビスケット/ソフトビスケットとの比較(同量)。

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles

一緒に読まれている記事Articles that are read together