トップ / 記事一覧 / イベント・レジャー / プレスリリース / 【日本茶とその文化を世界中の人に】羽田空港国際線ターミナル直結商業施設内に新たな旗艦店「日本茶きみくら羽田エアポートガーデン店」を2023年1月31日にグランドオープン

【日本茶とその文化を世界中の人に】羽田空港国際線ターミナル直結商業施設内に新たな旗艦店「日本茶きみくら羽田エアポートガーデン店」を2023年1月31日にグランドオープン

2023.01.22by Foooood編集部
更新日:2023.01.20

全国茶産地からこだわりのお茶を仕入れ販売している丸山製茶グループ・きみくら株式会社(本社:静岡県掛川市 代表取締役:丸山勝久)は、羽田空港第3ターミナル直結新施設、羽田エアポートガーデン内に新たな旗艦店「日本茶きみくら羽田エアポートガーデン店」をオープンいたします。

Contents

日本茶きみくら 羽田エアポートガーデン店の特長

日本茶きみくら羽田エアポートガーデン店

日本茶きみくらは静岡県内中心に全国から良質なお茶を仕入れ、お客様に提供している店舗です。

この度開業する「日本茶きみくら 羽田エアポートガーデン店」はその枠をさらに広く、世界中に「日本茶文化」を伝えていくことを目的としたきみくら株式会社の旗艦店です。

かつて茶の湯を広めた千利休の生誕からこの500年の間に「喫茶」は大きく変わり、日本中で楽しまれる文化となり、今なお深化を続けています。

羽田エアポートガーデン店は、日本の出入り口である羽田空港という特別な場所でこの日本茶文化に触れていただけるよう、きみくらこだわりのお茶を中心に、遊び心溢れる道具やアンティーク茶器などを取り揃えています。テイクアウトいただけるお茶を使った今までにないドリンクメニューなども用意して、世界中の皆様をお待ちしています。

伝え手として 日本を代表する産地のプレミアムなお茶を販売

プレミアムな一杯を

 

厳選された全国の茶産地

 

全国な茶産地からプレミアムな茶葉を販売

茶産地とお客様を繋ぐ伝え手として、さまざまなお茶を展開します。

2008年北海道洞爺湖サミットでは各国の首脳にお茶を振る舞い、世界が賛美した嗜好の茶人、太田昌孝氏。
数々の農林水産大臣賞、天皇杯を受賞し、「天竜茶」を日本一へ導いた太田氏がつくるやぶきた煎茶は
味・香り・旨み・渋み・甘みの完全調和ともいえる絶対的なバランスが愉しめる希少な逸品です。

日本を代表する茶農家のお茶を品種別に紹介、そのほか京都宇治、静岡天竜、佐賀嬉野、鹿児島霧島など日本全国の茶産地から目利きとして見立てた煎茶、玉露、釜炒り茶などプレミアムな茶葉、ギフトを取り揃えています。

カラフルなパッケージに彩られたお茶の手土産、アレンジドリンク 

「Art Print Package (Teabag) Collection」きみくらの庵

壁一面に陳列された「Art Print Package (Teabag) Collection」と菓子

お茶を身近にをテーマに、明治時代の茶風景の浮世絵でカラフルに描かれた「Art Print Package (Teabag) Collection」は全6種類。急須を持っていない方でもおいしくお茶が味わえるティーバッグタイプで、きみくらを代表する深蒸し掛川茶、抹茶入玄米茶、ほうじ茶、日本の茶産地の煎茶などが壁一面に掛けられています。

 

深蒸し茶使用した「ティーソーダ桜」

また店舗奥、「to go(=持ち帰りで)」の看板と暖簾がかかったスペースでは、こだわりの煎茶やほうじ茶、期間限定のドリンクなどをテイクアウトで購入することができます。
日本を代表する花のひとつ、桜の花と煎茶を使った季節限定ドリンク「ティーソーダ桜」は、淡いピンク色と透明感のあるお茶の水色で美しい四季を表現しています。

玄人向きから自分用まで どうぐで愉しむお茶の時間

古典からモダンな形のものまで、機能性と美しさ、独自性を併せ持った多彩な作品を遺す「三代 山田常山」の急須

 

180年以上前から常滑で受け継がれる伝統技法のひとつ「藻掛け」の急須

羽田エアポートガーデン店では人間国宝や気鋭作家の稀少な作品を販売します。
古くから焼きものの歴史をもつ常滑焼の急須、 伊勢湾でとれる海藻を生地に藁や糸で巻き付けて焼成した藻掛けの急須、美しい青磁が特徴の鍋島焼虎仙窯の湯呑などを取り揃えています。

 

産地抹茶や茶器

また抹茶はお点前用から産地別、オーガニック、スティックタイプなどさまざまなタイプを販売。
流派にとらわれない新しい抹茶のある暮らしを提案する嘉門工藝の菓子切り、菓子楊枝は、華やかで日本をはじめ海外の方への気の利いたギフトとしてもおすすめです。
また抹茶椀や銅製の建水、白蝶貝の茶杓など抹茶を点てる道具が一式入った茶道具セットは、小さな木のボックスや籠に隙間なく美しく収納され、大切な客人を持て成す際にぜひ抹茶を点てる道具箱としても。

自家製抹茶を使用した抹茶の焼菓子

自社製抹茶を使用した焼菓子「抹茶ダックワーズ」

 

自社製抹茶を使用した焼菓子「抹茶クリームサンド」

⾃社製の静岡抹茶を使⽤したクリームサンドやダックワーズ、かすてらのほかに、職⼈がひとつひとつ⼿仕事で仕上げているあられや静岡産のお茶を使⽤した茶飴、は、  気兼ねなく渡せるお⼟産としてもおすすめです。

店舗情報 スケジュール

日本茶きみくら 羽田エアポートガーデン店
住所:〒144-0041 東京都大田区羽田空港2-7-1 羽田エアポートガーデン2F
営業時間:10:00~20:00

■プレオープン、メディア取材
2023年1月26日(木)・27日(金) 10:00-11:00/14:00-16:00
※報道・メディア様の取材は事前申請や腕章等の受け渡しが必要のため、取材5日前までに必ず下記の番号へご連絡ください。(0537-61-2626)

■グランドオープン
2023年1月31日(火) 10:00~20:00

■オープニング企画
人気商品が入ったオリジナル巾着に詰め合わせた限定セット「HAPPYBAG(3,500円)」を数量限定で販売します

きみくら株式会社について

きみくら株式会社は茶処・静岡県掛川市に構える茶専門店「日本茶きみくら 本店」をはじめ、カフェ事業や通販冊子事業、自社オリジナル商品を通じて掛川名産の深蒸し茶を中心に全国の茶産地のお茶と、その周りの豊かな暮らしをお客様にお伝えしています。

土・水・太陽・風の恵みを受けた掛川市から、脈々と受け継がれてきた知恵や技、自然と人の営みによってうまれたお茶文化を100年先に紡いでいきます。

会社名   : きみくら株式会社
代表者   : 代表取締役 丸山勝久
本社    : 静岡県掛川市板沢500-1
設立日   : 1991年9月
従業員数  : 30名
決算期   : 12月
URL      :  https://kimikura.co.jp/
事業内容 :日本茶を中心とした商品開発、コンテンツ企画、編集企画、カタログやオンラインショップの通信販売、越境EC、実店舗を運営。

■実店舗
日本茶きみくら本店(https://kimikura.jp/honten/
〒436-0016静岡県掛川市板沢510-5

日本茶きみくら静岡呉服町店(https://kimikura.jp/gofukucho/
〒436-0016静岡県掛川市板沢510-5
※現在店舗改装のため休業中

きみくらカフェ(https://kimikura.jp/cafe/
〒436-0043静岡県掛川市大池2242-1大池公園内

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles

一緒に読まれている記事Articles that are read together