トップ / 記事一覧 / イベント・レジャー / プレスリリース / いよいよ本日オープン!!大阪初出店!!俺のシリーズの新業態「俺の天ぷらバル」心斎橋

いよいよ本日オープン!!大阪初出店!!俺のシリーズの新業態「俺の天ぷらバル」心斎橋

2022.12.19by Foooood編集部
更新日:2022.12.19

俺の株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:橋本 哲也)は、8月に新橋に1号店をオープンしたばかりの新業態「俺の天ぷらバル」を大阪、心斎橋に本日、12月19日(月)にオープンいたします。

Contents

◆一流のフレンチシェフが作る天ぷらをカジュアルに!

俺のフレンチ総料理長の遠藤 雄二が全メニュー監修。フレンチならではの創作天ぷらから、俺のシリーズらしく高級食材を使った天ぷらまで幅広く展開。価格帯も100円台からラインナップ!
日常使いやサク飲みにもピッタリな、俺のシリーズのなかでも全く新しいコンセプトの新業態です!

魅惑のお料理各種

■予約なしでふらっと立ち寄れる気軽な天ぷらバル!

席料やチャージ料、お通し代などは一切いただきません。
あらかじめ予定をしていなくても、思いたった時に気軽にふらっと立ち寄れて、“ちょい飲み”にも最適です。

◆「俺のフレンチ」総料理長・商品開発担当
遠藤雄二シェフについて
【略歴】2度の渡仏中、リヨン郊外の3つ星★★★の名店「Alain Chapel(アラン・シャペル)」、1つ星店★のブルターニュ地方「Le Temps de Vivre(ル・タン・ド・ヴィーヴル)」で修業。帰国後「うかい亭」で調理主任を務めた。「俺の」の創業メンバーの一人であり、創業以来、俺のシリーズでは数々の新店の立ち上げの料理長として活躍する。

■「立ち飲み」で原点回帰!

10年前に産声をあげ、一大ムーブメントを起こした俺のシリーズ1号店の「俺のイタリアン新橋本店」。立ち飲みで高級食材をリーズナブルに!というコンセプトに原点回帰し、高級店がひしめく天ぷら業態で新しいムーブメントを起こします!

U・NI・KU ~和牛×大葉×ウニ~

北海道産 白子の天ぷら ~バター醤油餡&トリュフがけ~

■代表的なメニューの紹介

【天ぷら】
U・NI・KU ~和牛×大葉×ウニ~ 999円(税込)
北海道産 白子の天ぷら ~バター醤油&トリュフがけ~ 1280円(税込)
厚切りサーモン&たっぷりイクラ 999円(税込)
生ハム On The アボカド ~パルメザンチーズがけ~ 580円(税込)
甘~い焼き芋 ~安納芋~ 480円(税込)
和歌山産 カリフローレ 180円(税込)
トロッと半熟玉子 180円(税込)

【小鉢】
サーモンといくらの枡寿司 〜エシャロットソース〜 780円(税込)
生ハムつくね三姉妹~鶏~ 380円(税込)
生ハムつくね三姉妹~豚~ 480円(税込)
生ハムつくね三姉妹~黒毛和牛~ 780円(税込)
脂 NORI NORI!洋風ガリ〆鯖 480円(税込)
漬け卵黄と赤玉ねぎのサラダ~トリュフ風味~ 380円(税込)

サーモンといくらの枡寿司 〜エシャロットソース〜

生ハムつくね最中 三姉妹(左から黒毛和牛・豚・鶏)

おつまみに最適な小鉢各種

■店舗概要

店舗名 :俺の天ぷらバル心斎橋
所在地 :大阪府大阪市中央区東心斎橋1-19-11 鰻谷スクエア1階
(アーケードから大丸を曲がった先の俺のフレンチ・イタリアン心斎橋のとなりです)
電話  :06-4256-4139
営業時間:平日16:00~23:00
土日祝11:30~14:00/16:00~23:00(日祝は22:00閉店)
定休日 :不定休

■俺の株式会社について

創業者の坂本孝が立ち上げた俺の株式会社のビジネスモデルの出発点は2011年9月、わずか16坪の「俺のイタリアン」でした。有名店で活躍した料理人が腕をふるい、高級店の3分の1の価格で提供すること。フード原価率は60%超えでも、顧客を1日3回転以上させることで繁盛店の利益を実現することをコンセプトに「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」「俺のBakery」等を銀座を中心に展開しております。
2020年には公式オンラインショップ「俺のEC」や、テイクアウト専門店「俺のGrandMarket」など時代の流れに沿った新しい試みも推し進めております。

商号  :俺の株式会社
代表者 :代表取締役 橋本 哲也
所在地 :東京都中央区銀座8丁目3番10号 トミタビル7階
設立  :2012年11月1日
事業内容:飲食業
資本金 :5,000万円
URL  :https://www.oreno.co.jp/

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles

一緒に読まれている記事Articles that are read together