トップ / 記事一覧 / イベント・レジャー / プレスリリース / 仙台銘菓で有名な喜久水庵の「喜久福」と夢の初コラボ!『喜久水庵監修 雪見だいふく×喜久福』をコンビニエンスストアにて先行発売いたします。

仙台銘菓で有名な喜久水庵の「喜久福」と夢の初コラボ!『喜久水庵監修 雪見だいふく×喜久福』をコンビニエンスストアにて先行発売いたします。

2022.05.11by Foooood編集部
更新日:2022.05.11

株式会社ロッテは、発売から40年を迎えた「雪見だいふく」ブランドから、大正9年仙台市創業のお茶の井ヶ田株式会社が製造・販売する仙台銘菓「喜久福」と初コラボレーションした「喜久水庵監修 雪見だいふく×喜久福」を5月17日(火)より全国のコンビニエンスストアで先行発売いたします。
“食べるお茶”がコンセプトの喜久福(抹茶生クリーム)の風味豊かな味わいを再現するため、厳選した小豆を使用した“こしあん”を、京都府産宇治抹茶を使用した“抹茶アイス”とやわらかな“おもち”で包んだ特別な「雪見だいふく」に仕上げました。まるでお茶を食べているようなほっこりする和の味わいとこだわりの“おもち”のおいしさを楽しめる夢のコラボレーションをぜひお試しください。

Contents

◆「喜久水庵監修 雪見だいふく×喜久福」

株式会社ロッテは、発売から40年を迎えた「雪見だいふく」ブランドから、大正9年仙台市創業のお茶の井ヶ田株
式会社が製造・販売する仙台銘菓「喜久福」と初コラボレーションした「喜久水庵監修 雪見だいふく×喜久福」を
5月17日(火)より全国のコンビニエンスストアで先行発売いたします。
“食べるお茶”がコンセプトの喜久福(抹茶生クリーム)の風味豊かな味わいを再現するため、厳選した小豆を使用した“こしあん”を、京都府産宇治抹茶を使用した“抹茶アイス”とやわらかな“おもち”で包んだ特別な「雪見だいふく」に仕上げました。まるでお茶を食べているようなほっこりする和の味わいとこだわりの“おもち”のおいしさを楽しめる夢のコラボレーションをぜひお試しください。

商品特長

  1. お茶の井ヶ田株式会社が製造・販売する仙台銘菓「喜久福」と初コラボレーションした「雪見だいふく」です。
  2. 「喜久福(抹茶生クリーム)」の味わいをイメージし、こしあんをクリーミーな抹茶アイスと、やわらかなおもちで包んだ特別な「雪見だいふく」に仕上げました。
  3. “食べるお茶”がコンセプトの風味豊かな味わいを再現するため、抹茶には京都府産宇治抹茶を使用し、こしあんには北海道産の小豆を使用しています。そんなこだわりの「雪見だいふく」をお楽しみください

●商品名:喜久水庵監修 雪見だいふく×喜久福
●発売日:2022年5月17日(火)(コンビニエンスストア先行※喜久水庵の一部店舗およびお茶の井ヶ田ECサイトでも5/17より販売開始予定)
●発売地区:全国
●種類別名称 :アイスミルク
●内容量:94ml (47ml×2個)
●価格:希望小売価格 194円(税込)

大正9年創業、仙台市を代表する老舗のお茶屋。喜久水庵はお茶の井ヶ田株式会社が宮城県を中心に構える店舗です。多くの人々に愛される看板商品の「喜久福(抹茶生クリーム)」は“食べるお茶”をコンセプトに、高級抹茶を使用した抹茶生クリームを厳選した小豆をじっくり煮込んだこしあんとやわらかなおもちで包み込んだ逸品です。

株式会社ロッテ
https://www.lotte.co.jp/

※本記事で紹介している情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったらいいね!で
最新記事をお届けします

この記事を書いた人

Foooood編集部

グルメに関する体験と感動をお届けいたします。

記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事Related articles

一緒に読まれている記事Articles that are read together